ONE OK ROCKのTakaが語る新境地「プロダクションの緻密さと振り切った分かりやすさ」

ONE OK ROCK(Courtesy of A-Sketch)

ONE OK ROCKのニューアルバム『Eye of the Storm』がついにリリースされた。サウンド面でも、レコーディングのマナーにおいても、激変作と評して過言ではないニューアルバムだ。

日本のロック・シーンの頂点に立つバンドであり、同時にロックが死にかけているUSシーンで孤軍奮闘するバンドでもある彼らは、今回のアルバムでアメリカで、世界で勝てるハイブリッドなロック・サウンドを生み出し、新しいステージを切り拓くことに成功している。Takaに話を訊いた。

ー前作『Ambitions』がアメリカでは「フュエルド・バイ・ラーメン」からのリリース第一作で、あのアルバムから大きくONE OK ROCKのサウンドメイクは変化し始めたわけですが。

そうですね。



ーこの『Eye of the Storm』はさらに大胆な転換作で、バンドの方向性としてある意味吹っ切れたのかなと。

やはり『Ambitions』を作ったことが大きかったんです。当時、あのアルバムのレコーディングは正直かなり戸惑いましたから。前作の海外盤には「American Girls」って曲があったんですけど、あの曲は僕自身、もう作っている段階から「本当にこれはONE OK ROCKとして正解なのかな?」っていう気持ちにまでなったんですけど。

ーフュエルド・バイ・ラーメン側からオーダーされて作った曲ってことですよね。「アメリカではこういう曲が必要だよ」って。

そうなんです。こういう曲を作って欲しいと言われて。でも、そこはわかっているんですよ。戸惑ったからといって単に反発するんじゃなくて、自分がしっかり受け止めて、受け止めた上で見えてくる新しい景色を見ないことには始まらないっていう。僕らがアメリカに来ている意味っていうのは、いわゆるアメリカのポップだったり、カルチャーも、もちろん勉強したくて行っているので。レーベルのA&Rとコミュニケーションを重ねていく中で、アメリカで活動をしていく中で、やっぱりそっちのほうがいいって思えるようになった。でも、(「American Girls」を)シングルにだけはしたくないって気持ちはありましたけど(笑)。

ー(笑)。

そういうこともあって「American Girl」はアメリカ・バージョン限定っていうかたちでリリースしたんです。でも、結果的にはやっぱりあの曲がアメリカではすごくラジオでかかったんですよ。あと、各州の女の子を選ぶビューティー・コンテストの主題歌に勝手になっていたりとか(笑)。

ーアメリカン・ガールだけに。

なんでこの曲がこんなにフィーチャーされるんだろうって。でもあの曲のアメリカでの影響力は本当に大きくて……やれと言われたことが嫌だったのに、ちゃんとかたちとして返ってくるっていう経験は、やっぱり大きかった。アメリカで車を運転していて、自分たちの曲がラジオから流れてくるなんてなかなか経験できないですよね。前作であの時、やれと言われたことを半信半疑でやったら、そうして大きな成果として返ってきたってことは正直、自分の中でも驚きでした。その経験を踏まえて、こういうことをしっかり噛み砕いて続けていくことが大事なんだなって。そういう気持ちになったところで作ったのが今回のアルバムなんです。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE