アリアナ・グランデ、グラミー賞欠席を発表「侮辱された」

グラミー賞授賞式でのパフォーマンス出演を断ったアリアナ・グランデ(Photo by: Andrew Lipovsky/NBC)

「私は一夜漬けでもパフォーマンスに挑める。ケン、あなたも知ってるでしょ?」アリアナ・グランデは、グラミー賞授賞式のプロデューサー、ケン・エールリッヒのアリアナ・グランデ欠席に関するコメントにTwitterで物申した。

今週末に開催されるグラミー賞授賞式でアリアナ・グランデがいずれかの部門で賞を獲得するかどうかはさておき、グランデ自らが賞を受け取りに来ることはない。グランデは、グラミー賞授賞式プロデューサー、ケン・エールリッヒによって「クリエイティビティを踏みにじられた」と感じたのを理由に授賞式には参加しない、と宣言したのだ。欠席の理由をタイミングの問題によるものとグランデを非難したエールリッヒのコメントが掲載された記事(「しかるべき準備をするには遅すぎる」とグランデは感じていた)を発端に、グランデはTwitterでの一連のやりとりでエールリッヒを名指しにした。

「今まで黙ってたけど、あなたは私のことでウソをついてる」とグランデは応じた。「私は一夜漬けでもパフォーマンスに挑める。ケン、あなたも知ってるでしょ? あなたは私のクリエイティビティと自己表現を踏みにじった。たから参加を取り下げた。授賞式があなたの思い描くもの、さらにはそれ以上のものになるといいわね」さらにグランデは3曲を披露することを提案したにも関わらず、どれも採用されなかったと続けた。「あなたたちにとってはただのゲームかもしれない…… でも悪いけど、私にとっての音楽はそうじゃない」

グランデは2つのノミネーションに対し、今でも「感謝している」と締めくくったが、その前に「このツイートを打ってる間に私の顔が載ったグラミー賞の広告をつけたバスが通過」と投稿した。グラミー賞の主要4部門にはノミネートされていないが——それでも「God is a Woman / ゴッド・イズ・ア・ウーマン」が最優秀ポップ・パフォーマンス(ソロ)、『スウィートナー』が最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバムの最有力候補とされている——グランデは授賞式の宣伝に多用されてきたのだ。

今回の論争を先に報じた米ヴァラエティ誌は、グランデが現在ナンバー1の最新シングル「7 rings」を披露したいと申し出たのに対し、プロデューサー側が選曲した曲をメドレーで披露することを要求していた、と報じた。ヴァラエティ誌によると、グランデはその要求に対して自分が「侮辱された」と感じ、授賞式欠席という判断に至った。

2月8日にアルバム『thank u, next / サンキュー・ネクスト』をリリースするグランデだが、今年のグラミー賞授賞式に参加しないアーティストは彼女だけではない。グランデの他に、テイラー・スウィフト、ドレイク、ケンドリック・ラマーなどの不参加も噂されている。


Translated by Shoko Natori

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事