グレタ・ヴァン・フリート、ツェッペリンとの比較やPitchforkの過小評価に物申す

グレタ・ヴァン・フリート(Photo by ALYSSE GAFKJEN)

第61回グラミー賞では最優秀新人賞ほか4部門にノミネートされ、2019年1月の初来日公演も盛況だったグレタ・ヴァン・フリート。フロントマンのジョシュ・キスカが、グラミーの夢舞台や周囲の批判についてローリングストーン誌に語った。

12月の貴重なオフの日、グレタ・ヴァン・フリートのフロントマン、ジョシュ・キスカがぐっすり眠っているといきなり携帯電話が鳴った。「何が起きたのか、さっぱり見当もつかなかった」と本人。「法王が死んだとか、そういうのかと思ってたよ」法王フランシスはピンピンしていた。なんと、グレタ・ヴァン・フリートがグラミー賞4部門にノミネートされたのだ。いずれも2017年にリリースしたミニアルバム『Black Smoke Rising』と『フロム・ザ・ファイヤーズ』がらみだった。「あれは僕らの初期の曲だったんだ」とジョシュ。「だから驚いたね。まさかノミネーションされるなんて予想もしてなかったから」

グラミー賞のノミネーションで、グレタ・ヴァン・フリートの脅威の一年はクライマックスに達した。この一年、ハードロックのリバイバルブームを作ったミシガン州のバンドは、クラブを回る生活から一転、シカゴのアラゴンボールルームやデトロイトのフォックスシアターといった5,000人規模の会場で、三夜連続ライブをソールドアウトするまでに成長した。「2018年の年明けのころと比べると、観客の数はほぼ3倍に増えたね」とジョシュ。「おかげで、ものすごい達成感を味わってるよ」


「ハイウェイ・チューン」はグラミーの最優秀ロック・パフォーマンス部門にノミネート

だがそれに伴って、彼らは全米でもっとも誤解されたバンドとして名を連ねることになった。多くの批評家たちが口を揃えて、彼らのサウンドはあまりにもレッド・ツェッペリンそっくりだと評したからだ(「かわいそうに、ミシガン州のフランケンムース出身の若者たちは自分たちが真のロックバンドではなく、アルゴリズム上の幻想だと気づいていない」と、音楽情報メディアPitchforkは10月に手厳しいレビューを掲載した)。ロバート・プラントは冗談で、ジョシュの声は「どこかで聞き覚えがあるんだよな……ああ、『レッド・ツェッペリン I』だ!」と言った――ジョシュはこれを誉め言葉だととらえている。「嬉しいじゃないか。これほどロバート・プラントらしい表現ってないだろ!」

Translated by Akiko Kato

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事