【独占取材】SUM 41のデリックが語る日本とのつながりとDOWNLOAD FESTIVAL

SUM 41のデリック・ウィブリー(Courtesy of DOWNLOAD JAPAN 2019)

英国発のロック・フェスティバル「DOWNLOAD FESTIVAL」が日本初上陸。それが3月21日に幕張メッセで開催されるDOWNLOAD JAPAN 2019だ。ハード・ロック/ヘヴィ・メタル勢が多数出演する同フェスの中で、SUM 41はポップ・パンクのバックグラウンドを持つバンドである。等身大の活動で突っ走ってきた彼らは日本でも人気が高い。来日に向けて、フロントマンのデリック・ウィブリーが米ロサンゼルスで取材に応じてくれた。

SUM 41のヴォーカル・ギター、デリック・ウィブリーは音もなくインタビュールームに姿を見せた。それはあまりに自然で、我々取材陣が慌てて取材準備を始めたほどだった。彼は非常に物静かでナイーブそうに見えたが、こちらの質問に対して落ち着いたトーンでしっかり答えてくれた。

SUM 41はSUMMER SONIC 2017以来1年半ぶりとなる来日をDOWNLOAD JAPAN 2019で果たす。今回のインタビューでは、新作の制作真っ最中だという彼らの近況や、SUM 41と日本のつながり、そしてDOWNLOAD FESTIVALについて話を聞いた。

―2015年に活動を再開させて以降、精力的に活動しているSUM 41の現在について教えてください。

今、ちょうどスタジオで新しいアルバムを制作してるよ。今もスタジオからここに来て、インタビューが終わったらまたスタジオに戻るつもり。リリースの時期はまだわからないけど、夏ぐらいまでには出せたらと思ってるよ。作業ももうすぐ終わりそうだからね。

―体調はどうですか?

ちょっと風邪気味だけど健康だよ。

―日本のファンは心配してると思うので。

ああ、俺のお母さんも心配してるよ(笑)。

―あはは! 2018年に行われたアルバム『Does This Look Infected』の15周年ツアーはいかがでしたか?

とても良かったよ。実はこれはサプライズ的な催しだったんだけど、自分たちでは『Does This Look Infected』が15周年というのをあまり意識してなかった。でも、ファンがその話をしだして、みんなの後押しがあってツアーをやることになった。だけど次のアルバムの制作も既に決まっていたから、ワールドツアーはやらずに北米ツアーだけにしたんだよ。


Courtesy of DOWNLOAD JAPAN 2019

―『Does This Look Infected』という作品についてあらためて話を聞かせてください。

わからないなあ。でも、いい曲もいくつかあるし、いいアルバムだと思うよ。この作品の制作に入る前、ツアーはブッキングされてるけどアルバムはない、スタジオは押さえてるけど曲がないっていう、俺が曲を作る以外は全部準備が整った状態だったんだ。だから、俺はツアーから家に帰って数週間で曲を書いて、数週間でレコーディングして、またツアーに出て、その間にアルバムがリリースされてって感じだったんだよ。すべての流れが早かったね。

―そんなに忙しい最中に作られた作品だったんですね。

今作ってるアルバムも、『Does This Look Infected』の15周年ツアーが終わってすぐにスタジオへ直行して制作してるからね。今回もまた短期間での制作って感じだよ(笑)。いいことなのか悪いことなのかは分からないけど、曲は短期間でできるときもあれば、逆にすごく時間がかかるときもある。理由はわからないけどね。

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事