ラップの新時代を築いたフューチャー、その背景にあるコデインの存在と自身の葛藤

フューチャー(Photo by Nick Walker)

アトランタが生んだスーパースターの新作『The Wizrd』は、本人にとって長い混迷期の終わりを告げる重要作だった。

2011年のミックステープ『Dirty Sprite』から8年。彼のキャリアの躍進はそこから始まった。そのミックステープとともに、酒やドラッグといった背景を持つフューチャーというキャラクターが、一つの時代を生み出したのだ。そして今、フューチャーことネイバディウス・ウィルバーンはその時代の終わりを宣言しつつ、安堵のため息と自らがこしらえた亡霊の間で板挟みになっている。

「俺のせいで、あれはクールだと思われるようになった」と、フューチャーは悲し気に言った。「それも、めちゃくちゃ最高にクールだってね」

“あれ”というのはリーンのことだ(リーンとは、コデインと咳止めシロップの混合物に、炭酸飲料を加えたカクテルドラッグ)。『Dirty Sprite』というタイトルの由来はここからきている(続く2015年のヒット作『DS2』もまたしかり)。





彼の音楽性や人物像があまりにもリーンからの影響を受けているため、最近音楽サイトGeniusとのインタビューで本人が明らかにしたところでは、自分がドラックを止めたことをファンが知ったら大騒動になるのでは、と不安だったという。

もちろん、コデインの力を借りた創作力がこれ以上続くとは本人も思っていない。昨年彼は、当時まだ10代のシカゴ出身のラッパー、ジュース・ワールドのミックステープ『WRLD on Drugs』に参加した。制作中ジュースは、子どもの頃フューチャーの音楽を聴いて、リーンをやってみようと思った、と打ち明けた。この告白がフューチャーに深い傷を負わせた。

「あいつが俺にそう言った時、俺は『マジかよ、俺は何てことをしちまったんだ』って思ったね。めちゃくちゃヘコんだね。そういうことを言われたら落ち込むだろうと想像してたけど、それ以上の落ち込みようだった。自分がそういうことを気にするヤツだとは思わなかったよ。たぶん4年前なら、あいつに同じことを言われても気にしなかっただろうね。『へぇ、リーンを飲んだのかい、そいつぁ良かったな』ってね。でも今は『やべえ』って感じ。他に何人の小学生が、俺のせいでリーンをやったんだろう?」

彼はさらにこう続けた。「あんなに人々に影響を与えるなんて、知らなかった。でも今ではよくわかる。この件で、俺は完全にヤラれちまったね。そのことばかり考えるようになった。『ちくしょう、俺は何をやらかしたんだ? 他人になんてことをしちまったんだ? 俺自身にもなんてことをしたんだ』って感じさ」

言葉の端々に、フューチャーの葛藤が感じ取れる。他人の人生に対する責任の重さを感じているのだ。同時に彼は自分と折り合いをつけ、自分はどこまで罪を感じるべきか考えている。

「自分らしくいることが悪いとは思わない。でも、俺が自分らしくいるせいで、他の誰かに自分らしくないことをさせたのだとしたら、頭を下げないとな」

Translated by Akiko Kato

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE