Facebook新方針、LGBTQ性教育者たちが感じる「排除」への危機感

サービス利用規約に性的行為の勧誘の項目をひっそりと加えたFacebook(Photo by Shutterstock)

大手ソーシャル・ネットワーキング・サイトのFacebookが新たに導入した規定は性的行為の勧誘を禁止するためのものだが、LGBTQコミュニティに破滅的な影響を与えると危惧するLGBTQコミュニティのメンバーもいる。

「自分がやっているFacebookのすべてグループのメンバーたちは、今回の新方針で自分たちのアイデンティティーに関する専門用語の使用を禁じられたことで、今後どんなふうに監視されるのかとビクビクしている」


昨年10月、Facebookがサービス利用規約に性的行為の勧誘の項目をひっそりと加えた。そのいくつかは非常に標準的な内容である。「アート」や「医療」もしくは母乳を与えるのでなければヌードや裸体を禁ずるというように。しかし、それ以外の項目を懸念する人がいる。「性的な暗示」が禁止されるわけだが、これには性的な説明を含む投稿やあからさまに性的な投稿が含まれるだけなく、「フェティッシュなシナリオ」、「性的役割」、「性的嗜好/性交渉の相手の好み」のような曖昧な言葉も含まれるのだ。懸念される点は、このような言葉がオンライン売春で使用されることが多いとは言え、Facebookで真面目にセクシュアリティについて語り合うLGBTQやその他の周縁化された人々が使用する言葉でもある点だ。それこそ、安全な潤滑剤や尿路感染症への対処方法などのアドバイスを求める言葉がFacebookで使用できる言語の範疇を超える可能性を秘めている。

この項目の追加は一切の告知なしに行われた。ところが、セクシュアリティの様々な表現の画像を受け入れていたTumblrが、児童ポルノ画像が同サイトで共有されているとして、徹底的なアダルト・コンテンツ禁止措置を取ったことがきっかけで発覚したのである。有志のジャーナリストたちが同じような方針を決めたサイトの捜索を始めたところ、Facebookが告知なしに加えた最新の方針が見つかったのだ。

しかしながら、周縁化された人々の支援という点で、これまでも常にFacebookには難があった。本名使用ポリシーから偏ったヘイトスピーチに関する方針まで、白人、シスジェンダー、男性以外のユーザーにとってFacebookは良く言えば鈍感で、悪く言えば敵対心を持っているという批判を幾度となく受けてきた。2018年初頭にも突然の変化が起きたことがあった。その時は性的指向に基づいた広告ターゲッティングをブロックした。これによってLGBTQコミュニティのオーガナイザーたちは、大急ぎで別の支援方法を見つけだす必要性に駆られたのである。同時に、LGBTQの大人だけでなく、LGBTQの青少年にも対話療法の広告の表示が禁じられてしまった。

1年以上に渡って、セックスワーカーと言論の自由を擁護する人たちは、Fight Online Sex Trafficking Act (FOSTA:オンライン売春撲滅法令の意)のような人身売買禁止法が、セックスに関してオンラインで話し合うこと全般を禁じる足掛かりとして機能する危険性を声高に訴えてきた。そして今、TumblrとFacebookがその懸念を現実のものとする方針を打ち出したのである。Facebookの広報担当者は、これはFOSTAを受けての対応ではなく、既存の方針をより厳密に表現しただけだと言う。しかし、これを鵜呑みにする人は多くない。例えば、電子フロンティア財団(EFF)は、新方針の施行のタイミングを考えると明白だと確信している。「私たちにはFacebookの方針変更がSESTA/FOSTA(※SESTA=Stop Enabling Sex Trafficking Act:法律で認められている性的人身売買を止める法令の意)を受けたものかは分からないが、これは恐れていたことが起きた完璧な例と言える。つまり、オンラインのプラットフォームが、最も効果的な安全対策として、セックスに関する会話や交流を大幅に禁止することだ」と、EFFの積極行動ディレクターのエリオット・ハーマンが言う。「彼らの石頭ぶりを考えると、この新方針は驚きでも何でもない。結局、FacebookはSESTA/FOSTAを承認したというだけの話だ」と。さらにEFFは、自分が嫌いな特定の人物、グループ、ページを排除するために運営側に多量の虚偽の通報をする「荒らし」に、格好の攻撃手段を授ける完璧な方針だということも指摘している。Facebookには審判手続きがあるが、運営側に多量の通報をするハラスメント手段は、性悪な人間が気に入らない人物の口を塞ぐ道具として、すでに威力を発揮するようになっているのだ。

Translated by Miki Nakayama

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事