King Gnuが語る「映像」と「音楽」の関係性

King Gnu(Photo by Nobuyuki Seki)

2018年に開催したワンマンライブはすべて「即完」。2019年1月にはメジャーデビューAL『Sympa』を発表。高い音楽的偏差値を持って新たなポップスを生み出す4人組は、順調な勢いで音楽界と聴衆の「壁」を壊しにかかっている。ここでは現在発売中のRolling Stone Japan vol.05に掲載された常田大希(Gt.Vo)、勢喜遊(Dr, Sampler)、新井和輝(Ba)、井口理(Vo, Key)のインタビューをお届けする。

ブレイクの一端を担った「映像」

ーKing Gnuにとっての2018年は、高い評価を伴いながら知名度と動員数をものすごいスピードで上げていった1年だと思うのですが、自分たちとしてはどう感じていますか?

常田:まあ、飛躍の1年でしたね。

新井:うん、そうですね。

ー自分たちのなかでは想定の範囲内か、それとも予想以上かでいうと、どちらですか?

常田:個人的には、全然、こんな感じかなってくらいです。勢いが出始めてから着実にやってきたかなと思っています。

ー勢いが出始めたなって、どれくらいのタイミングで感じました?

常田:1stアルバム(『Tokyo Rendez-Vous』、2017年10月リリース)が出た、ちょっとあとですかね。

新井:アルバムを出した後、横浜でのインストアライブの日が台風で、俺らは「(お客さんが)20〜30人来てくれたらいいほうじゃないか」って言ってたら、200人くらいいたんですよ。それがわりと一発目の「えー!」って感じで。

勢喜:感動した1個目だよね。

常田:そのあと9月に、「Vinyl」という曲でKing Gnuにとって3本目のミュージックビデオ(以下、MV)を出したんですけど、それからちょっと経ったときのライブですごく熱量が増えたし、曲を知っている人が増えたなって思いました。4月に1本目のMV(「Tokyo Rendez-Vous」)を出したときもちょっと増えたんですけど、アルバムに向けてMVを出していってたので、それが実ったというか。





ーKing GnuのMVは1本目からずっと、常田さんが主宰するクリエイティヴ集団「PERIMETRON」が作っていて、作品性においても、出すタイミングという面でも、かなりこだわりを持ってやってきていますよね。

常田:PERIMETRONは俺が立ち上げたというのもあって、「兄弟チーム」じゃないですけど、スクラムを組んでやってる感じはありますね。King Gnuのことだけをやっているわけじゃないんですけど。

ーこの特集の次のページに出てもらってるTempalayのMVとかも作っていますよね。YouTubeでのヒットが、King Gnuのブレイクの要因のひとつを担っているのではと思うのですが、いかがですか?

常田:どうなんだろうね?

井口:聞いてみたいね、読者のみんなに。どこでKing Gnuを知ったのか。

勢喜:友達とかにも「なんでKing Gnuってそこまでいったの?」って聞かれるけど、答えられない。

常田:タイアップだと変わるなっていう印象はあるけど、それはあくまでボーナスチャンスみたいな。積み重ねでしかないですよね。

ー映像に対する考え方について、まず「出すタイミング」に関して聞くと、通常、アーティストがMVをYouTubeなどで公開するタイミングって、CDの発売前、もしくは発売日当日とか、基本的には作品の発売日合わせで考えることが多いと思うんですね。でもKing Gnuは、アルバムリリース後も定期的なスパンでMVを出し続けてきましたよね。

常田:やっていてすごく感じるのは、曲の消費が早すぎるということで。「この曲を出したら、次は新曲」みたいな感じで、「いや、この作品を売ってくれよ」って揉めたこともあったりして。1曲に対する消費スピードがあまりにも早すぎるから、MVひとつにしても、大切に、丁寧に出したいと思っていますね。

ーアルバムを出しても、聴かれるのはリリースした週だけ、ということに陥る場合も多々ありますもんね。

常田:そうそう。なのに、すぐに新曲書けとかそんなん、ねえ(笑)。

ーMVを作るときは、PERIMETRONの方たちとKing Gnuの4人が集まって話したりするんですか?

常田:いや、ここ3人に対しては、できたものを「どうだい?」って言って見せて、「おお、いいね」みたいな。聴衆側の目線で見せることがほとんどですね。

新井:俺なんか、メンバーチェックのタイミングを逃して、一般公開のタイミングで見ることがありましたから。「Flash!!!」とかそんな感じ(笑)。

ーそうなんですね(笑)。常田さんはPERIMETRONのメンバーに対して細かくディレクションするんですか?

常田:最近は言うようになりました。1年前とかはわりとざっと見て、提案に対して口出すだけという感じだったんですけど、最近は構成から口出すようになりました。だからここ最近のほうがクオリティが上がっていると思います(笑)。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE