ジャスティン・ビーバー、デビュー10周年を記念したベスト盤をリリース

日本独自企画のベスト盤をリリースするジャスティン・ビーバー(Photo by Ricky Vigil/GC Images)

2019年は、ジャスティン・ビーバーが2009年に全米デビュー・シングル「ワン・タイム」をリリースしてから丁度10年のアニバーサリーイヤーとなる。これを記念して、初のベスト盤が日本独自企画としてリリースされることが明らかになった。

1月9日にユニバーサル・ミュージック・インターナショナルが運営する @universal_international のインスタグラムのアカウントに、3枚の画像にて「1.11 11:11」と投稿され、ジャスティンのファンの間では、「JB5」(ジャスティン・ビーバーの新作の意味)や、ライブ映画の告知なのでは?という噂が飛び交っていた中での発表となった今回のベスト盤。アルバムの全容はまだ明かされていないが、日本においてのデビュー・シングル「ベイビー」や、自身初の全米・全英1位を記録した「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」など、数々の大ヒット・シングルが収録される予定だ。





<リリース情報>

ジャスティン・ビーバー 『ザ・ベスト』

ジャスティン・ビーバー
『ザ・ベスト』
発売日:2019年2月27日(水)
デラックス・エディション【CD+DVD】3,800円+税/UICD-9086
スペシャル・プライス・エディション【CDのみ】2,200円+税/UICD-9087

Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事