ボウイの大回顧展を追体験できるARアプリ、ナレーションはゲイリー・オールドマンが担当

デヴィッド・ボウイとゲイリー・オールドマン、「ザ・ネクスト・デイ」撮影セットにて(Photo by Floria Sigismondi)

2017年に日本でも開催され、のべ12万人を動員したデヴィッド・ボウイ大回顧展「David Bowie is」がAR(仮想現実)でいつでも追体験できる画期的なアプリが、ボウイの誕生日である1月8日に発売。そのナレーションを、ボウイの盟友である俳優のゲイリー・オールドマンが担当する。

英ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)にて2013年に開催され、トータルで世界12都市を巡回、同博物館史上最大の200万人以上の観客動員数を記録した展覧会「DAVID BOWIE is」(日本では、2017年1月8日〜4月9日東京にて開催)が、デジタル化されることによって永遠不滅の作品として甦る。

V&Aのヴィクトリア・ブロークスとジェフリー・マーシュによってキュレーションされたこの展覧会は、今までに類を見ない体感型の画期的なエキシビションであり、その後の展示スタイルの新たな基準を打ち立てた。豊富なビジュアル要素と、先見の明を持ったボウイの生き方、そして音楽性を表したこの展覧会は、まさにバーチャル・リアリティの世界に相応しいものだったと言えるだろう。
 
共にサウス・ロンドンで生まれ育ち、多くの共通点を持つオールドマンとボウイは、80年代後半に初めて出会った。ゲイリーはあるとき、「デヴィッド・ボウイというより、ブリクストンのデイヴ、ニュー・クロスのゲイリーとしてお互い会っている」と語っている。彼らの友情関係は、ジュリアン・シュナーベル監督の映画『バスキア』での共演や、物議を醸したボウイのミュージックビデオ「ザ・ネクスト・デイ」で神父役として出演したオールドマンの出演へと繋がっている。オールドマンからのコメントは次の通り。

「このARアプリによって、より多くの人々があの素晴らしいDAVID BOWIE is展を体験することが可能になります。ボウイのファンにこのアプリを体験してもらえるのは本当に素晴らしいことです。参加できたことをとても光栄に思っています」                                                                             
― ゲイリー・オールドマン
 
「David Bowie is」スマホARアプリは、デヴィッド・ボウイ・アーカイブと2017年に「DAVID BOWIE is」の日本展を主催した株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントの共同企画による初めてのリリースとなり、1月末までは特別先行価格960円、2月1日以降は1,200円での販売となるという。また、巡回展では展示されなかった初お目見えとなる作品が、アプリ版独占コンテンツとして追加されることも決定している。

さらに、巡回展と同様、「David Bowie is」のAR/VR版は7か国語に対応。スマホARアプリは、今回のヴァーチャル化プロジェクトの第一弾としてリリースされ、今後、VR(仮想現実)フォーマットでのリリースも予定されているとのことだ。詳細情報は以下より。
https://davidbowieisreal.com/



「DAVID BOWIE is」展覧会について

装飾芸術・デザイン・表現を中心とした世界最大規模のヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)にて2013年3月23日より8月11日まで開催され、トータルで世界12都市を巡回、同博物館史上最大の200万人以上の観客動員数を記録した巡回展。革新的な音楽家であり世紀のカルチャー・アイコンであるデヴィッド・ボウイの50年に渡るキャリアを網羅する300点以上の貴重なアイテムを、音楽や映像、ナレーションと共に展示するという画期的な方法で彼の創作活動を追い、デヴィッド・ボウイが人々をインスパイアし続ける理由を解明した。
日本では、2017年1月8日より4月9日まで東京品川天王洲の寺田倉庫G1ビルにて開催され、12万人を動員した。
 
展覧会では、ファッション、音楽、グラフィック、演劇、アート、映画など、各界のアーティストやデザイナーとデヴィッド・ボウイによる幅広いコラボレーション作品を堪能することができる。
 
例えば、60点以上の衣装”『ジギー・スターダスト』のボディースーツ(フレディ・ブレッティ 1972年)、『アラジン・セイン』ツアー衣装(山本寛斎 1973年)『アースリング』のジャケット撮影で着用したユニオンジャックのコート(アレキサンダー・マックイーン&デヴィッド・ボウイ 1997年)を始め、ブライアン・ダフィ、テリー・オニール、鋤田正義らの写真、ギィ・ペラート、エドワード・ベルによるアルバムアートワーク、ジョナサン・バーンブルックによる『ザ・ネクスト・デイ』のデザイン案、映画『地球に落ちて来た男』(1976年)からの関連アイテムや、「ライフ・オン・マーズ」(1973年)、「ヒーローズ」(1977年)、「ボーイズ・キープ・スウィンギング」(1979年)、「アッシェズ・トゥ・アッシェズ」(1980年)、「レッツ・ダンス」(1983年)「ブラックスター」(2015年)などのミュージックビデオ、『ダイアモンド・ドッグス・ツアー』のステージセットデザイン(1974年)などを観ることができる。
 
特筆すべきは、これら作品に加えて、よりパーソナルなアイテム〜今まで決して公開されることのなかったストーリーボード(絵コンテ)、手書きのセットリストや歌詞、ボウイ自身の手による絵画、楽譜、日記など、ボウイの創作が深化していく過程を解明するアイテムが展示されていることだ。

Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事