ローリングストーン誌が選ぶ「2018年ベスト・ソング」トップ50

ローリングストーン誌が選ぶ「2018年ベスト・ソング」トップ50

胸キュン・ポップソングに、のりのりヒップホップのヒット曲、レゲトン、カントリー、インディーズ系シンガーソングライター、社会派ポストパンクなど、記憶に残る作品にあふれた2018年をローリングストーン誌が振り返る。今年のベスト・ソング50曲はこれだ!

今年は、カーディ・B、Pistol Annies、コートニー・バーネットなどなど、ユーモアのセンスと独創的なアイデアを備えた女性たちが、自分たちの華やかなイメージにクラシカルなスタイルを開花させた、素晴らしい1年だった。また、使い古された性的・社会的アイデンティティに疑問をなげかけたポップ・ソングに恵まれた1年でもあった(ジャネール・モネイの「メイク・ミー・フィール」や、ヘイリー・キヨコの「Curious」、Christine and the Queensの「Doesn’t Matter」など)。南米(Karol G)、ヨーロッパ大陸(Rosalia)、アジア(BTS)からやってきたアーティストたちは音楽シーンを国際交流の場に変え、Sheck Wesはさんざん悪態をつきながら、聴衆のハートをこじ開けた。カーリー・レイ・ジェプセンは官能的な癒しの世界を垣間見せ、Lucy Dacusやアリアナ・グランデ、トロイ・シヴァンらは、拭い去れない不思議な感覚を味合わせてくれた。2018年のベスト・ソングをローリングストーン誌のライターやエデイター陣がランク付け。今年を総括する50曲をチェックしてみよう。

50位 ウィーザー「アフリカ」
49位 アークティック・モンキーズ「Four Out of Five」
48位 Teyana Taylor「Gonna Love Me」
47位 The Beths 「Happy Unhappy」
46位 Playboi Carti feat. ニッキー・ミナージュ「Poke It Out」
45位 ウィリー・ネルソン「臭い息」
44位 アイスエイジ「シーヴス・ライク・アス」
43位 ニッキー・ミナージュ「バービー・ドリームズ」
42位 King Princess「1950」
41位 トロイ・シヴァン「アニマル」
40位 Yella Beezy featuring Lil Baby 「Up One」(リミックス)
39位 Childish Gambino「This Is America」
38位 BTS「Fake Love」
37位 Low Cut Connie「Beverly」
36位 Christine and the Queens「Doesn’t Matter」
35位 Rosalía「Pienso En Tu Mirá (Cap. 3: Celos)」
34位 Hop Along「How Simple」
33位 ロビン「Ever Again」
32位 ヘイリー・キヨコ「Curious」
31位 Lil Baby feat. Gunna「Drip Too Hard」
30位 Lucy Dacus「Night Shift」
29位 Pistol Annies「Best Years of My Life」
28位 Stephen Malkmus & the Jicks「Middle America」
27位 Tove Styrke「Changed My Mind」
26位 カーリー・レイ・ジェプセン「パーティー・フォー・ワン」
25位 ミツキ「A Pearl」
24位 ザ・カーターズ「エイプシット」
23位 クリスティーナ・アギレラ「アンレス・イッツ・ウィズ・ユー」
22位 Karol G「Mi Cama」
21位 カート・ヴァイル「Bassackwards」

※21〜50位の動画はこちらをチェック。

Translated by Akiko Kato

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事