米津玄師が『NHK紅白歌合戦』に出場決定、TV初パフォーマンスを披露

『第69回NHK紅白歌合戦』でTV初パフォーマンスを披露することが決定した米津玄師(Photo by Taro Mizutani)

米津玄師が、大みそかに放送される『第69回NHK紅白歌合戦』へ出演することが明らかになった。地元・徳島からの生中継となる当日は、2018年の年間ランキング1位25冠を達成したシングル「Lemon」を披露する。

本来出演予定は無かった米津だが、NHK側からの粘り強い交渉で「米津玄師の出身地である徳島からの生中継」という提案があり、急遽ではあるが出演する運びになったという。これまでTVのインタビュー・VTR出演などはあったが、TVでの歌唱および生パフォーマンスは初めてだ。



この発表を受けて、米津玄師は自身のツイッターを更新。「Lemon」はTBSドラマ『アンナチュラル』の主題歌として書き下ろされた楽曲で、ドラマ側の希望で「亡くなった人を想う曲」として制作をしている最中、米津の祖父が他界。結果として多くの世代に愛されるナンバーとなったが、祖父の他界から1年が経った今、「祖父が暮らした故郷で歌唱することに何か大きな意味があるような気がして、NHKからの提案を快諾させて頂きました」と綴っている。

Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事