ローリングストーン誌が選ぶ「2018年ベスト・ジャズ・アルバム」トップ20

ローリングストーン誌が選ぶ「2018年ベスト・ジャズ・アルバム」トップ20

ウェイン・ショーター、カマシ・ワシントン、マカヤ・マクレイヴンなど、2018年にリリースされた至高のジャズ・アルバムからローリングストーン誌のHank Shteamerがトップ20を選んだ。

2018年もまた、ジャズの波が新たなゾーンへと押し寄せた。中でもシカゴのマカヤ・マクレイヴンや、ロンドンのヌビア・ガルシア、シャバカ・ハッチングスらの新人が、本格的なストリートレベルのジャズ・シーンを牽引した。同時に、サックス奏者のウェイン・ショーター、チャールズ・ロイド、ペーター・ブロッツマン、ドラマーのアンドリュー・シリルら、70年代〜80年代から活躍するヴェテランも進化を続け、傑出した挑戦的な作品を残した。また、ジョン・コルトレーンの『ザ・ロスト・アルバム』やチャールズ・ミンガスの『Jazz in Detroit』等の印象的なアーカイヴがジャズの歴史へと目を向けさせる一方で、やはり中心にあるのは次々とリリースされる新作であることを再認識させてくれた。

以下に、ローリングストーン誌が選定した2018年の至高のアルバム20枚を紹介する。

20位 ジョシュア・レッドマン、ロン・マイルズ、スコット・コリー、ブライアン・ブレイド『Still Dreaming』 

同作品は、故オーネット・コールマン自身がジャズ界のテンポを刻んでいたことを証明する最新作品だ。ある意味では、ジョシュア・レッドマン(サックス)、ロン・マイルズ(コルネット)、スコット・コリー(Ba)、ブライアン・ブレイド(Dr)ら本作に参加したジャズのスーパーグループは、トリビュートに対するトリビュートを捧げていると言える。ジョシュア・レッドマンの父デューイ・レッドマンをはじめとするコールマンの共演者らは、70年代〜80年代にオールド・アンド・ニュー・ドリームスを結成し、コールマンの作品などをプレイしていた。同カルテット同様、現代の4人組は兄弟同然の息の合ったノリで、小気味良いフィンガースナップやライン外のカラーリングでプレイしている。アルバムには、グループメンバーによるオリジナル6曲に加え、コールマンの曲と、彼のカルテットのベーシストでソウルメイトだったチャーリー・ヘイデンの作品を合わせた全8曲が収録された。先駆者たちの表現方法を受け継ぎつつ、自分たちの自由奔放なインフレクションを加えた現代のカルテットのプレイを楽しめる。



19位 アンドリュー・シリル『Labroba』

2019年に80歳になるドラマー兼コンポーザーのアンドリュー・シリルは、キャリア後半のルネッサンス期の真っただ中にいる。さまざまなグループとギグで共演したり、伝説的なECMレコードのレコーディング・セッションでは、ずば抜けて才能豊かなメンバーを招集している。ECMレコードで2枚目となる本作には、『The Declaration of Musical Independence』(2016年)から引き続きビル・フリゼールがギターをプレイし、さらに近年また精力的に活動しているヴェテラン・トランペッターのワダダ・レオ・スミスも参加している。アーシーなブルーズにインスパイアされ、ゆったりとした西アフリカ・スタイルのギターによるインプロヴイゼーションの合間に各プレイヤーが自由にプレイするシリル作のタイトル・トラックをはじめとする、トリオのベスト・プレイを楽しめる。アルバム全体を通じ、コンテンポラリー・ジャズを代表するドラマーのシリルは、繊細な究極のプレイを披露しながら確実にバンドを牽引している。


Translated by Smokva Tokyo

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事