『アリー/ スター誕生』の日本公開を記念して、ガガからクリスマスコメントが到着

映画『アリー/ スター誕生』のワンシーン(©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC)

歌手の夢をあきらめていたアリーが、ウェイトレスからスターへと駆け上がっていくシンデレラストーリーを描くミュージカル・ドラマ『アリー/ スター誕生』が12月21日より全国の劇場で公開スタート。それを記念し、主演を務めたレディー・ガガからのクリスマスコメントと、本作の顔とも言える「アイル・ネヴァー・ラヴ・アゲイン」の一部を収めた特別映像が解禁となった。

クリスマスイブの今日公開された映像の中で、レディー・ガガは「日本の皆さん、メリー・クリスマス! 皆さんが素晴らしい日を過ごせますように!!」と親日家らしいコメントを寄せている。続いて映し出される映像は、映画のハイライトとも呼べる「アイル・ネヴァー・ラヴ・アゲイン」の歌唱シーン。ガガ演じるアリーが、ブラッドリー・クーパー演じるジャクソンを愛するあまり、傷ついた気持ちや深い悲しみを表現した圧巻のバラードだ。



この楽曲に関してガガは、「私は部屋に入り、皆に「それじゃ、映画『ボディガード』の「オールウェイズ・ラヴ・ユー」(ホイットニー・ヒューストン)を上回る曲を書かないとね」って言ったわけ。実際にはなかなか難しことだけど、でもこの作品を締め括る重要な場面の裏には、そういった構想があったの。この曲に関してすごく興味深いと思うのは、この曲のタイトルである『アイル・ネヴァー・ラヴ・アゲイン』、つまり“もう二度と愛さない”というのが、ある意味ネガティヴな曲名だってところなのよ。とは言っても、もちろんいずれ愛することはあるでしょう。人は皆、誰しもね。けれど悲しみがあまりに強烈すぎて、あまりに深く傷ついた場合、同じように誰かを愛することは二度とないうことね。私はこの曲が大好きでたまらないのよ」と、自身にとっても特別な楽曲であることを明かしている。なお、同楽曲のフル尺版もYouTubeで公開中だ。





<映画情報>



『アリー/ スター誕生』
大ヒット上映中
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
公式サイト:http://starisborn.jp

Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事