ローリングストーン誌が選ぶ「2018年ベスト・ポップ・アルバム」トップ20

ローリングストーン誌が選ぶ「2018年ポップ・アルバム」トップ20

カミラ・カベロ、アリアナ・グランデ、ロビンなど、ローリングストーン誌スタッフが選んだ今年の人気ポップアルバム20枚を一挙公開。

今年のポップシーンは、かつての人気アーティストの意欲的な復活作品と画期的な新人アーティストのデビュー作品で豊作だった上に、一部の新人アーティストたちはジャンルの既成概念を一変させるサウンドの作品を発表した。ポップの新たなアイデンティティが浸透し始め、将来的な可能性が大きく広がった1年となった。今年のベスト・ポップ・アルバムはこれだ。

20位 The 1975『ネット上の人間関係についての簡単な調査』
サンプル
通算3枚目の今作でThe 1975はポップバンドとしての野望を見せつけた。ジャズ、ニューウェイヴ、ソフィスティポップ、ラジオ受けするフック、社会に対する辛辣な意見が詰まった新作『ネット上の人間関係についての簡単な調査』は、彼らにとって克服しがいのあるプロジェクトだった。そして、彼らの使命、すなわち我々の人間関係に影響するインターネットをこき下ろすことから1ミリも外れていない。それほどまでに大きなテーマのわりに、「Give Yourself A Try/ギヴ・ユアセルフ・ア・トライ」、「Sincerity Is Scary/シンセリティ・イズ・スケアリー」、「It’s Not Living (If It’s Not With You)/イッツ・ノット・リヴィング(イフ・イッツ・ノット・ウィズ・ユー)」などのフックには安堵と癒しを感じさせる、心地良く楽しい作品だ。

19位 バーブラ・ストライサンド『Walls』
サンプル
バーブラ・ストライサンドは、最新バージョンの“スター誕生”映画である『アリー/スター誕生』が話題になるのを耳にした。この映画に彼女の姿はないが、その代りとでも言うように、ストライサンドは政治的なメッセージを注ぎ込んだ強烈なアルバムでカムバックした。新しいオリジナル曲とスタンダード曲のカバーで構成されたこの作品は、政治の激変をテーマにしている。「嘘をつかないで!」などの楽曲は、トランプ大統領に対する公開レターの形式で書かれている一方で、ジョン・レノンの「イマジン/この素晴らしき世界」、レナード・バーンスタインの「テイク・ケア・オブ・ディス・ハウス」(これはミュージカル『ペンシルヴァニア通り1600番地』の挿入歌)などのカバー曲も、彼女の抗議メッセージにフィットするように変貌を遂げている。

Translated by Miki Nakayama

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事