エド・シーラン2018年世界ツアー、30年間で最高興行収入を記録

歴代トップを記録したエド・シーランの『ディバイド』ツアー(Photo by Dave J Hogan/Dave J Hogan/Getty Images)

米Pollstar社による年末恒例のライブ興行に関する調査結果が発表された。同社30年の歴史の中で、エド・シーランの『ディバイド』ツアーが興行収入、チケット売上総数ともに歴代トップを記録した。また、2018年コンサート業界全体の興行収入も過去最高額を達成し、うなぎのぼりだという。

月曜、Pollstar社による年末恒例の調査結果が発表され、エド・シーランの『ディバイド』ツアーがダントツ首位に立った。彼のワールドツアーは、興行収入を調査してきた同社の30年の歴史において、歴代最高額となる年間興行収入をあげた。

エド・シーランは主にソロでステージに立つが、一部の公演ではゲストボーカルとしてエルトン・ジョンなどを招いたこともある。今年は53都市94公演を行い、チケットの売上総数は486万482枚。興行収入は4億3200万ドルで、2位以下を大きく引き離し、歴代最高記録を達成した。(エド・シーランは、来年の4月に来日が決定している。日本で自身初の東阪ドーム公演を開催予定)2位以下はテイラー・スウィフトの『レピュテーション』ツアー(3億4510万ドル)、ジェイ・Zとビヨンセの『On the Run II』ツアー(2億5410万ドル)。U2の歴史的な『360』ツアーは7億3640万ドルという興行収入をあげたが、この数字に達するには2年以上の年月がかかっている。

だが、今年快挙を成し遂げたのはシーランだけではない。Pollstar社によれば、2018年ワールドワイドツアー興行収入上位10組の合計額は、2017年の18億ドルを超え、史上初の20億ドルを突破。コンサート業界全体でみると104億ドルにのぼり、(これまた)過去最高記録となった。一言でいえば、ライブイベントはうなぎのぼり。

また同社の調査結果では、コンサート業界におけるLiveNationの独走態勢も判明した。巨大プロモーション会社の今年のチケット売上総数は4960万枚。以下、AEG Presentsの1160万枚、Messina Touring Groupの530万枚と続く。

Translated by Akiko Kato

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事