レディオヘッド、ジャネット・ジャクソン、スティーヴィー・ニックスが2019年ロックの殿堂入り

2019年ロックの殿堂入りを果たすレディオヘッド、ジャネット・ジャクソン( (Photo by Jim Steinfeldt/Michael Ochs ArchivesTim Mosenfelder/Getty Images)

ロックの殿堂が来年の受賞者を正式に発表した。レディオヘッド、ジャネット・ジャクソン、スティーヴィー・ニックス、デフ・レパード、ザ・キュアー、ロキシー・ミュージック、ザ・ゾンビーズらが殿堂入りを果たすことが発表された。

授賞式は3月29日、米ブルックリンのバークレイズセンターで開催。授賞式のもようは、後日収録番組としてHBCおよびSirius XMラジオで放送される。チケットの詳細は1月に発表される予定だ。

ロックの殿堂の選考対象となるには、ファーストアルバムまたはファーストシングルのリリースから25年が経過していることが条件となる。過去にはクラフトワーク、トッド・ラングレン、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、ルーファス&チャカ・カーン、MC5、エル・エル・クール・ジェイ、ジョン・プライン、ディーヴォらがノミネートされたが、最終的に殿堂入りには至らなかった。今年新たに選考条件を満たしたアーティストはいなかったが、デフ・レパードとニックスは今回が初ノミネート(ただしニックスは、1998年にフリートウッド・マックとして殿堂入り)。スティーヴィー・ニックスは2度にわたって殿堂入りを果たす最初の女性アーティストとなる。

「言いたいことは山ほどあるけれど」と、ニックスは声明の中でこう述べた。「コメントは後にとっておきましょう。今ここでは、1968年からずっとバンドをやってきたけど、ソロ活動が認められたことでほっと一息、笑顔になれたということ。誇らしい気持ちでいっぱいです」

ジャクソンも声明を発表し、今回の栄誉についてこう述べた。「ロックの殿堂、ありがとう。本当に光栄です。兄たちと並んで殿堂入りすることができて幸せです」

デフ・レパードのジョー・エリオットも、同じくこの知らせに喜びの声をあげた。「これでようやく、固唾をのんで待たなくてすむぜ」とローリングストーン誌の取材に答えた。「ローリング・ストーンズやビートルズ、ザ・フーやクイーンの仲間入りができるなんてすごいこと・・・最高の栄誉だ」

ザ・ゾンビーズは1989年に選考基準を満たし、これまで3度もノミネートされていたため、今回の殿堂入りは忍耐と粘り勝ちのおかげだと、メンバーのコリン・ブランストーンは語った。「もう無理だと思い始めていたところだ」と、彼はローリングストーン誌の取材に答えて言った。「俺もかなり哲学的に考えるようになってた。『もし殿堂入りできなくても、楽しかったからいいじゃないか』と自分に言い聞かせて、あまり深く考えないようにしてたんだ。でも、実際に殿堂入りが決まると変わるもんだね。『これぞキャリアの総決算、人生の集大成の瞬間だ』って思うんだよ」

長年彼とともにバンドを続けてきたロッド・アージェントも、ブランストーンの発言に同意した。「時と場合によっては、『ロックの殿堂入りしようがしまいが、俺は気にしないぜ』って言ったほうがカッコイイとは思うけど」と、ローリングストーン誌との取材に対して答えた。「いままでそんな風に思ったことはなかった。初めてノミネートされた時、それだけでもすごく名誉なことだと思った。そして今回、ふたを開けてみたらなんと殿堂入り。最高の気分だ・・・とにかくすごくうれしい」

Translated by Akiko Kato

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事