民主党の救世主となるか?オバマとベト・オルークが会談、期待高まる米大統領選

会談をしたバラク・オバマ(右)とベト・オルーク(左)(Photo By Bill Clark/CQ Roll Call / Shutterstock)

バラク・オバマとベト・オルークが接触したことで、2020年の米大統領選へ向けたオバマ・ワールドに注目が集まっている。

2018年11月に行われた米国中間選挙を前にバラク・オバマは、テキサス州の11人を含む250人以上の支持を表明したが、そこにベト・オルークの名はなかった。「私たちは意見が一致しなかったのだと思う」と、選挙直前の10月、前大統領の推薦者リストから漏れたことについて問われたオルークは述べた。

当時オルークは、共和党、無所属、民主党の各支持者たちへの幅広い売り込みの真っ最中だった。カントリーシンガーのウィリー・ネルソンが応援に駆けつけたこともあり、テキサス州選出のテッド・クルーズ上院議員(共和党)と張り合えるほどに保守的な有権者を囲い込めたように思われた。しかし選挙が終わり、オルークは考えを変えたようだ。

注目を集めていたテキサス州の上院選に僅差で敗れてから10日後、間もなく「元下院議員」となることが期待されるベト・オルークが、ワシントンDCにあるオバマのオフィスで前大統領と会ったことをワシントン・ポスト紙が伝えた。オルークとの会談にオバマは満足していたようだった。事実、11月16日に行われた両者の会談の4日後に配信されたライヴ・ポッドキャストでオバマは、大統領時代の上級顧問であるデイヴィッド・アクセルロッドに対し「オルークは自分自身と似た“とても印象の強い若者”」という内容の発言をしている。

「私が米国のさまざまな地域とのコネクションを築けた理由は、国民が私の主張を理解してくれていたからだ」とオバマは、アクセルロッドに語った。「私がよく重要視したのは、“する事に意義を見出しているかどうか”、そして“自分が進んでリスクを冒してもよいという強い確信をもって事にあたっているか”、ということだった」

前大統領はさらに「彼の選挙戦でよかったと思うのは、常に票の行方を見ながらの活動ではなかったということ。彼の信念を持った姿勢や公約に基づく活動がよかったと思う。それが常となるのが理想的だと思うが、残念ながら実際はそうでない」と続けた。

Translated by Smokva Tokyo

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事