the LOW-ATUS、大木伸夫、フルカワユタカが「唄」で競演 『語り-gatari-』レポート

左から大木伸夫(ACIDMAN)、the LOW-ATUSのTOSHI-LOW&細美武士、フルカワユタカ(Photo by Azusa Takada)

「子々孫々、"語り"伝えるべき唄が此処にある──。『語りという表現方法で、次なる世代へ"唄"を語り伝えていこう!』そんなビジョンをもったイベント」(公式サイトより)という主旨のアコースティック・イベント『語り-gatari-』が、11月25日(日)東京・世田谷区民会館にて開催された。

出演はフルカワユタカ、大木伸夫(ACIDMAN)、the LOW-ATUSの3組。さらに、一般公募のオープニングアクトオーディションで選ばれた3組が、彼らの前に2曲ずつプレイした。

開演時刻は14:00、終演は17:40予定(結果、1時間近く押したが)という設定といい、場所が普段ロック系のライブで使われることはあまりない世田谷区民会館であることといい(おそらく立地・防音の問題でバンド編成でのライブは不可能なのだと思う)、屋内のライブ・イベントとしてはちょっとめずらしい形態。1200人キャパの客席は満員御礼、当日券なし。家族連れの参加者も多い。

まずオープニングアクト。花海はサポートのピアニストとふたりでスタンドマイクで熱唱、とみぃはなこはアコースティック・ギターで弾き語り、Kacoはピアノ弾き語りで2曲ずつ。ほとんどのお客さんが初めて知るであろうにもかかわらず、そのたびに大きな拍手が広がる。その後、20分の休憩をはさんでから、メインアクト3組の出番になる。

「エントリーナンバー4番、東京からやって来ました、フルカワユタカです」というあいさつでひと笑い取ってから、「よろしく」と「too young to die」でライブがスタート。ギターのカッティングが鮮やかに響く「busted」、以前からよくカバーしているユニコーンの「すばらしい日々」、DOPING PANDA時代の「Crazy」等、全10曲を歌っていく。最初のMCでフレディ・マーキュリー・スタイルで「♪エーオ!」とコール&レスポンスを求めたり(映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観たから、とのこと)、「今日は細美くんに久しぶりに歌を聴いてもらえるかと思ったら、いないんです。でも僕は歌います」と宣言するなどのパフォーマンスを受けて、客席もリラックスした空気。


Photo by Azusa Takada

が、「すばらしい日々」終わりのMCで、「(the LOW-ATUSのふたりが)いらっしゃったようですね」などと言っていたら、当のTOSHI-LOWと細美武士が手をつないで下手(ステージ左)から登場。フルカワをにらみながら無言でそのまま上手(ステージ右)に去り、客席は爆笑に包まれる。

一瞬あっけに取られたフルカワ、しかしすぐ立ち直ってオーディエンスにハンドクラップを求め、それをスネア代わりに、12月5日リリースのニューシングルの収録曲「クジャクとドラゴン」に突入。HAWAIIAN6の安野勇太とコラボし、メロコアに(実は)初めて挑戦したこの曲は、すでにラジオ等でのオンエアが始まっているので、それを聴いた人は、このアコースティック・バージョンの新鮮なアレンジに驚いたのではないか。

そこから「Crazy」「シューティングゲーム」「ドナルドとウォーター」でピークを迎え、終了。去り際にフルカワは、オフマイクでもう一度「♪エーオ!」のコール&レスポンスを付け加えた。

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事