お茶の間をハイにする「マリファナ・シェフ」が人気

『Bong Appetit』の司会を務めるヴァネッサ・ラヴォラート(Photo by Jonpaul Douglass)

アメリカ各州やカナダのマリファナ(大麻)合法化に伴い、マリファナ料理番組が続々とスタート。人気を集めている。

例えば、TVネットワークVicelandの『Bong Appetit』は、この手の内容で人気No.1を誇る番組。昨年、料理界で最も権威のあるジェームズ・ビアード財団賞にもノミネートされた。第1、第2シーズンで描かれるのは、地元の食材を調達する夢のようなひとときや、マリファナ風味の香りを油脂に閉じ込めるためのワンポイントアドバイス。そして毎回必ず最後には、節度を知らない愛好家たちが集う陽気なディナーパーティで幕を閉じる(筆者も去年の夏に放送されたエピソードに出演し、身をもって体験した)。

「ハイになっても、TV的にはウケるのよ」というのは、番組の司会を務めるマリファナ・ショコラティエこと、ヴァネッサ・ラヴォラート。彼女はこの夏、『Bong Appetit』の収録が始まる前に、オンエア中にハイになっても大丈夫なようにと少しずつ食用マリファナの免疫をつけていったという。だが結局、そんな努力もすべて水の泡となった。「ごまかせっこないのよ。本気でカメラの前でハイになっちゃうんだから。視聴者が面白がってくれればいいけど」

番組は年明けに第3シーズンを迎える。新シーズンではバトル形式に生まれ変わるほか、新メンバーとしてサイプレス・ヒルのB・リアルと、マリファナ使いの鉄人シェフ、ミゲル・トリニダードが加入する。彼が提供するフィリピン風ハッパ入りディナーは、ニューヨーカー誌でも特集された。

流れに乗り遅れまいと、Netflixもこの夏オリジナルのマリファナ料理番組を立ち上げた。題して『Cooking on High』。2人のシェフが互いに腕をふるって魅惑の大麻メニューをこしらえ、審査員が勝敗を判定する。合間に、マリファナを愛する人気コメディアンNgaio Bealumのワンポイント豆知識が挿入される。批評家からの反応はいまひとつだが、番組に出演したシェフや有名人の中には、スターダムへの足掛かりを見つけた者もいる。中でも際立っているのが、アンドレア・ドラマー。彼女はほっぺたが落ちそうなタラのサンドイッチで、第1話の勝者に輝いた。コルドンブルーで修業を積み、麻薬予防カウンセラーとして働いた後、5年前からマリファナ料理に目覚めたというユニークな経歴の持ち主だ。

Translated by Akiko Kato

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事