レオナルド・ディカプリオが出演する映画ベスト27

レオナルド・ディカプリオのキャリアで印象的な27作品を紹介(Illustration by Ryan Casey)

11月11日に44歳の誕生日を迎えたレオナルド・ディカプリオ。ローリングストーン誌が選んだ出演映画ランキングをお届け(作品は記事掲載時の2015年時点のものになります)。

27:『クリッター3』(1991年)



小さくてキュートなモンスターが登場する、低予算SFホラーコメディシリーズの3作目。今ではディカプリオの映画デビュー作として有名だ(劇場公開後、すぐにビデオ化されてしまった)。本作でディカプリオは、ろくでなしの父親が斡旋したアパートにある家族と暮らすことになった、パンクでスケーター風の長髪の問題児を演じている。このアパートはのちに毛むくじゃらの食人鬼に襲撃されるのだ。ハイになって午前3時に観るようなノリの安っぽい作品ではあるが、観ている者の頭をマヒさせるほどの長ったらしさとセリフのやり取りは、B級映画以下のZ級映画の中でも群を抜いている。生意気な小僧役のディカプリオも悪くない。むしろ、出演者の中でまともな演技ができているのは彼だけだ。

26:『仮面の男』(1998年)



『タイタニック』の大ヒット後に公開されたディカプリオの主演作『仮面の男』は、『タイタニック』のおかげでヒット作となった。しかし、原作者のムッシュ・アレクサンドル・デュマには申し訳ないが、内容は今ひとつ。三銃士とダルタニアンが、長きにわたって幽閉されてきた双子の兄弟(どちらもディカプリオが演じている)を王位の座につける企みをわかりやすく描いた、華美な時代物である。本作に登場する若きディカプリオはどうも場違いな感じがする。脇を固めるガブリエル・バーン、ジョン・マルコヴィッチ、ジェラール・ドパルデュー、ジェレミー・アイアンズといった名俳優たちでさえ、間の抜けた台本ではどうにもできない様子だ。

25:『バスケットボール・ダイアリーズ』(1995年)



高校のバスケットボールのスター選手からホームレスの麻薬中毒者へと転落するティーンエイジャーを描いた、ジム・キャロルの自伝的作品をやや誇張した本作。ディカプリオは完璧にマーロン・ブランドを体現した。野心的な作品に対していくらかの敬意を払う必要はあるとは言っても、大げさな演技、度が過ぎるモンタージュ、薬物中毒を題材にしたドラマにありがちな描写などなど……すべてが過度だ。それでも、『ギルバート・グレイプ』のアカデミー賞のノミネート直後に公開された本作の演技を通して、ディカプリオがリスクを恐れない俳優であることが証明された。

24:『J・エドガー』(2011年)



FBI捜査のあり方を変えた実在の人物を描いた、クリント・イーストウッド監督によるどことなくぎくしゃくしている伝記映画は、ディカプリオにとって難しい挑戦だった。まずは何十歳も年を取らなければならず、さらに怪物的な存在感を放ちながらも好感を得られる役柄に徹しなければならなかった。それなのに、作品自体はディカプリオの助けにはならなかったと思う。台本は目に見えるものと内なるものとの間の往復を繰り返した。ディカプリオは最善を尽くしたにも関わらず、全体的に今ひとつな印象が拭えない。それでも、J・エドガー・フーバーの長年恋人兼パートナーを演じたアーミー・ハマーとの男同士のキスシーンには感動的なところがある。

23:『ワールド・オブ・ライズ』(2008年)



本作のディカプリオは、リドリー・スコット監督が仕掛ける中東が舞台のテロ&スパイ・スリラーの深みにはまる米CIA捜査官にふさわしい緊張感と無謀さを表現している。かっぷくと愛想の良さとは裏腹に欺瞞的な上司を演じたラッセル・クロウもなかなかだ。それなのに、原作であるデイヴィッド・イグネイシアスの小説から全体的なプロットを紋切り型にした映画に仕上がった印象だ。出演と製作の両方において数多くの大物を投入したにも関わらず、本物のサスペンスを欠いてしまったようだ。

Translated by Shoko Natori

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事