クイーン最大のヒット作『世界に捧ぐ』あなたが知らない10のこと

Richard E. Aaron/Getty Images

スタジオでのフレディー・マーキュリーとシド・ヴィシャスの諍いから、ブライアン・メイが考えついた『ウィ・ウィル・ロック・ユー』のビッグなサウンドの秘訣まで、昨年発売40周年を迎えたクイーンの名作『世界に捧ぐ』にまつわる10の知られざる真実を紹介する。

現在でこそ史上最高のロックバンドのひとつとして知られているクイーンだが、その道のりは決して平坦ではなかった。1977年の夏、6枚目のアルバムを作るべく再集結したフレディー・マーキュリー、ブライアン・メイ、ジョン・ディーコン、ロジャー・テイラーの4人は、中年の危機的状況に直面していた。

1976年発表の前作『華麗なるレース』は全米チャートで最高5位、イギリスではナンバーワンを記録したものの、売上枚数は1975年発表の大ヒット作『オペラ座の夜』には遠く及ばなかった。同作に対する評価、そしてアメリカとイギリスにおけるリリースツアーの評判も決して芳しくなかった。1977年2月24日発売のローリングストーン誌で、デイヴ・マーシュは以下のように述べている。「ロバート・プラントの恍惚としたヴォーカルから、ビーチ・ボーイズやビートルズのセミ・ボードビリアン・ポップまで、彼らは短絡的に様々なアイディアをよそから拝借している。また前作にも通じる、バンドの「シリアスさ」を強調する狙いが見てとれるインスト曲は、お粗末な映画における白々しい交響曲を思わせる」

またパンクとニューウェイブの隆盛により、70年代のアリーナロックが過去のものとなりつつあった当時、クイーンは生息地を急速に奪われつつある恐竜のような存在となっていた。そういった状況で彼らは、オーバーダブを駆使したゴージャスなプロダクションと決別し、音数を絞ったバンド史上最もストレートなアルバムを作り上げた。同作はより直感的なサウンドとタッチを誇る一方で、トレードマークであるゴージャスなメロディとハードロックのパワーを備えていた。1977年10月28日に発表された『世界に捧ぐ』は、「伝説のチャンピオン/ウィ・ウィル・ロック・ユー」の両A面シングルの大ヒットにも支えられる形で、アメリカ国内だけで400万枚を売り上げるなど、バンド史上最大のセールスを記録したアルバムとなった(昨年11月には同作のデラックス版ボックス・セット・リイシューが発売された)

昨年発売40周年を迎えた『世界に捧ぐ』にまつわる10の知られざる事実を紹介する。

1. 同作のレコーディングで主に使用されたスタジオでは、同時期にセックス・ピストルズが『勝手にしやがれ』を制作しており、バンド間で諍いが起きた

『世界に捧ぐ』の大部分はロンドンのWessex Studiosでレコーディングされたが、バンドは同スタジオで『勝手にしやがれ』の制作を進めていたセックス・ピストルズのメンバーと度々衝突したという。「やつらとは廊下でしょっちゅうすれ違った」ブライアン・メイはクイーンの伝記を執筆したマーク・ブレイクにそう語っている。「ジョン・ライドンとは何度か音楽の話をしたな。礼儀正しいやつだったよ」

しかしセックス・ピストルズのベーシスト、シド・ヴィシャスは別だった。誤ってクイーンのコントロールルームに足を踏み入れた彼は、フレディに向かってこう吐き捨てたという。「バレエを大衆に売り込もうと必死のフレディさん、調子はどうだい?」その挑発に対し、マーキュリーはこう返したという。「まぁまぁさ、サイモン・フェローシャス。ベストを尽くしてるよ」クイーンのバイオグラファーであるダニエル・ネスターによると、フレディは席を立ち、シドのレザージャケットのフロントに付いていた安全ピンを弄びながら、こう口にしたという。「なぁ、これはお前が自分で付けたのか?」シドは肩をいからせて前に踏み出したが、フレディは彼を突き返してこう言い放った。「やる気か?」シドは黙り、そのまま部屋を出て行ったという。

2. 「シアー・ハート・アタック」はクイーンからのパンクロックへの回答と言われているが、実際には1974年発表の同名アルバムのセッションの際に生まれた

『世界に捧ぐ』ではバンドのメンバー全員が作曲に携わっているが、とりわけタフな「シアー・ハート・アタック」と「秘めたる炎」の2曲は、ドラマーのロジャー・テイラーによるものだ。ハードでフィードバックが印象的な「シアー・ハート・アタック」は、急成長していたパンクムーヴメントに対する回答(あるいは敬意の証)とされる向きが多かったが、実際に同曲が生まれたのは、グラムロックが隆盛を極めていた1974年に発表された、彼らの3作目にあたる同名アルバムのセッション時だった。「『シアー・ハート・アタック』っていうアルバムのタイトルはあの曲からとったんだけど、曲自体は未完成だったんだ」テイラーは1991年にRockline誌にそう語っている。「数年後にようやく曲が完成して、『世界に捧ぐ』に収録することになった。セックス・ピストルズと同じスタジオでレコーディングしてたことも、当時盛り上がってたパンクのテイストがあの曲に見られるのも、実はまったくの偶然なんだ。あの曲が『世界に捧ぐ』に収録されることになったのは、結果的に幸運だったと言えるね」

Translated by Masaaki Yoshida

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事