マーベル・ヒーロー生みの親スタン・リー氏逝去、貪欲に物語を作り続けた人生

脚本家、編集者、マーベル・コミックの元発行責任者兼社長、スパイダーマンの共同発案者でもあるスタン・リー氏が95歳で死去 (Photo by Ron Galella, Ltd./WireImage)

米現地時間11月12日(月)、脚本家、編集者、またコミックブックの発行人として、スパイダーマンやX-メン、アベンジャーズなど、数々のスーパーヒーローの生みの親であるスタン・リー氏が95歳で逝去した。ポップカルチャーを築いた立役者は、2015年のローリングストーン誌のインタヴューで「物語を作るのが作るのが好きなんだ。ハルクみたいに超人でなくても、物語を考えることはできる」と語ってくれた。

脚本家であり、編集者であり、マーベルコミックの元発行責任者兼社長。スパイダーマンの共同発案者で、数々のスーパーヒーローを世に送り出してきたスタン・リーが、月曜日に死去した。享年95歳だった。故人の娘がヴァラエティ誌に語ったところでは、リーは月曜日にロサンゼルスのシダーズ・サイナイ医療センターに運ばれたあと、緊急手術を受けたが、ほどなく死亡が宣告された。

「父は、創り続けることがファンに対する義務だと感じていました」 娘のJ・C・リー氏はロイター通信に声明文を発表し、亡き父についてこう述べた。「父は人生を愛し、仕事を愛していました。家族から、そしてファンの皆さんから愛されていました。父はかけがえのない人でした」。

「スタン・リーは、彼が生み出したキャラクター同様、傑出した人物だ。世界中のマーベルファンにとって、彼そのものがスーパーヒーローだった。彼には人々を励まし、楽しませ、心を通わせる力を持っていた。彼の想像力は、情熱が続く限り果てしなく広がっていった」と語るのは、ウォルト・ディズニー・カンパニーの会長兼CEOボブ・アイガー氏。マーベル・コミックも、自社の名誉会長へ追悼の意を表した。

スタン・リーは、時代を築き上げたポップカルチャーの担い手の一人だった。マーベルの黄金期の顔として、気さくな近所のクモの巣少年からファンタスティック・フォーやX-メン、アイアン・マン、デアデビル、ハルク、アベンジャーズなどなど、子供なら誰もが知っているキャラクターを世に送り出した。その一方で、ジャック・カービーやスティーヴ・ディッコ、ドン・ヘック、ジーン・コランといったアーティストらの力作に対する評価を、自分一人の手柄にした厚顔無恥な一面もある。どちらの見方も正しい。

Translated by Akiko Kato

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事