破産寸前だった米大手楽器店の華麗なる復活劇

改装されたハリウッドの旗艦店の店内の一部(Photo by Guitar Center/Ryan Hunter)

先週末、ラッパーのアンダーソン・パークがサプライズライブを開催した。ライブ会場となったのは、なんとカリフォルニア南部のギターセンターだ。1959年創業、楽器専門の老舗チェーン店である。

アンダーソン・パークのライブには、ラジオパーソナリティのゼイン・ロウやDJ A-Trakをはじめとするアーティストや著名人が参加し、ハリウッドのサンセット大通りに居を構えるギターセンターのストア——オープンから30年以上を経て、500万ドルをかけて改装された——のリニューアルオープンをPRした。改装されたおよそ2千800平方メートルの店内には、全長4.5メートルほどのインタラクティブペダルのディスプレイ、エリック・クラプトンが愛用したフェンダーストラトキャスターの「ブラッキー」をはじめとする貴重なヴィンテージ楽器や記念品の専用スペースがあり、DJ機材、プロ向けオーディオ機器、家電などが並ぶ。しかし、今回のリニューアルオープンの目玉は華々しいセレブリティの存在ではなく、瀕死状態とまで噂されたギターセンターが音楽業界を再び支配するための意欲的な計画にある。

2018年4月までの調査報告によれば、ギターセンターは破産寸前だった。10億ドル以上もの未返済金が発生した上に、デジタル時代における楽器に対する消費者の興味の減少によって売り上げが急降下していた。

2016年にギターセンターの6代目CEOに就任したロン・ジャピンガは、実店舗による販売の未来に対して人々が抱いている懐疑主義のせいで、何年にもわたって同社の不振が誇張されてきたことをローリングストーン誌のインタビューで語った(アメリカ最大規模の小売店トイザらスが同時期に閉店したこともその流れに拍車をかけた)。それでも、同社がしかるべき改革を怠ってきたことをジャピンガは認めた。


ギターセンターのハリウッド店外でライブを披露するアンダーソン・パーク (Photo by Hadas)

「ギターセンターの業績が横ばいだった時期が数年あったと思います」。ジャピンガは言った。「その頃はどういうことがしたいのか、明確な方向性がありませんでした」。この1年間、幹部たちはメインとなる一つのアイデアのもとに団結した。ありとあらゆる方法で人々の音楽制作を手助けする、というこのアイデアはあまりにシンプルで明確だ。「このミッションに基づいてストアを改装しました。私たちの存在意義をはっきりと認識できたおかげで、この四半期の売り上げはとても好調です」。そう言いながら、借り換えや数カ月前からキャシュフローを黒字化できたことで、小売市場が停滞する現在においても「ほんとうの意味で転換点を迎える」ことができたと話を続けた。

Translated by Shoko Natori

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事