フレディの死後メンバーを驚かせた逸材、アダム・ランバートとクイーンの初ライブを回想

クイーンとアダム・ランバートは、2012年のウクライナの夜をきっかけに共にライブをするようになったという。(Photo by Shutterstock)


クイーン+アダム・ランバートは2014年まで正式なツアーを行うことはなかったがそれ以降は毎年ツアーを行っている。ポール・ロジャースには失礼になってしまうがフレディ・マーキュリーの時代以降、ファンがこれほどまでクイーンのライブに満足したことはなかった。フレディの代役を果たすことは不可能であるが、ランバートは“彼以上の適役は考えられない“と言える初めてのシンガーである。今のところ次のライブ日程は出ていないがクイーンの新作映画『ボヘミアン・ラプソディ』によって新しい世代のファンが生まれるであろう。そんな機会を十分に生かさず、もしランバートとのツアーを行わないとしたら彼らはどうかしていると言ってもいいだろう。1986年は2度と戻ってこないが、彼らは今でも本当に素晴らしいライブを見せてくれている。

Translated by Takayuki Matsumoto

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE