ランディ・ローズの死と失意のオジー...バーニー・トーメが見た1982年の真実

写真左からオジー・オズボーンとバーニー・トーメ:1982年撮影(Photo by Larry Marano/Getty Images)

1982年の春、オジー・オズボーンの人生を大きく変える出来事があった。

1979年にブラック・サバスを解雇された後、オジーは再び立ち上がり、ヘヴィ・メタルを再定義するほどのヒットとなったアルバムを2枚作り、かつてのバンドに匹敵するファンを獲得していた。

オジーのこの快進撃の大きな要因は、彼がクリエイティヴ・パートナーとして選んだ華やかな若きギタリスト、ランディ・ローズだ。ローズはオジーが持っているアイデアをサバスでは実現できなった方向へと花開かせる大きな助けとなった。しかし1982年の3月19日、ローズは飛行機事故で急逝してしまう。あの風景は今でもオジーの脳裏にこびりついていると言う。

「今でも……いま君にこの話をしているこの瞬間も、あの事故現場で墜落した飛行機と燃え盛る家を見ている自分を鮮やかに思い出すんだ」と、今年の初めにオジーがローリングストーン誌に語った。「あんな出来事を乗り越えるなんて誰にもできない。ずっと衝撃を受けたままだよ」と。

彼のマネージャーであり当時恋人だったシャロンが、もがいてばかりはいられないとオジーに言った。彼は「俺はシャロンに言ったよ。『もう音楽なんてできない』って。そしたらシャロンが『ここであなたがやめたいなら、私たちは止めないわ』って。最悪な状況だった」と教えてくれた。

しかし、シャロンはすぐさま後任を探し出して、ツアーは10日後に再開された。後任となったのはバーニー・トーメというアイルランド人ギタリストで、ディープ・パープルのヴォーカリストだったイアン・ギランのソロ・バンドでプレイしていた男だ。トーメはこの仕事が永続するものとは思っていなかった。

あくまでもピンチヒッターで、7公演を終えたら自分のソロ活動に戻るつもりでいた(バーニー・トーメ&ジ・エレクトリック・ジプシーズ名義で活動していた)。そしてトーメの後はナイト・レンジャーのギタリストのブラッド・ギルスが引き継ぐ予定だった。しかし、たった7回という短いツアーだったが、オジーとトーメにとっては極めて重要な時間となったのである。2人にとって、それまで一度も経験したことのないつらいライブとなったのだ。

Translated by Miki Nakayama

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事