柄本佑と中野裕太が語る、ポルトガルと日本を繋ぐ異色ミステリー制作秘話

『ポルトの恋人たち 時の記憶』に出演する柄本佑(右:ヘアメイク/Kanako Hoshino スタイリスト/Keita Izuka)、中野裕太(左:ヘアメイク/KATO スタイリスト/平松正啓(Y’s C) )Photo by Takanori Kuroda


──中野さんは、ポルトガルとは何か縁はありました?

中野:いや、全くなくて。サッカーの国だとか、種子島に鉄砲を伝来した国だとか(笑)。あとは、僕は九州出身なので、長崎に行くとカトリック教会がたくさん建っているのを見るけど、それくらいのイメージしかなかったんですよね。

──それが今回、日系ポルトガル人の役ということで、ポルトガル語にも挑戦したそうですね。1ヶ月半で、現地の人とコミュニケーション取れるくらいまでになったと聞いて驚きました。

中野:もう、受験勉強みたいでしたね(笑)。ポルトガル語の文法を網羅しつつ、そんなに小難しくなさそうな本を1冊購入して、それを7日から10日で丸暗記(笑)。後はひたすら応用ですね。ずっと独り言を言ってました。

柄本:すげえな!!

中野:いやもう、丸暗記している10日くらいは気が狂うかと思ったよ(笑)。あまりにも長時間やっていると、体が持たない。3時間くらいで知恵熱というか、本当に頭が痛くなってきて。10代や20代の頃はそんなことなかったのに、「老いたのかな」と思いましたね(笑)。だから、1日のうちまず    3時間くらい集中してやって、後はひたすらYouTubeなどでポルトガル語を流す。とにかく浴びる、自分を漬け込むような気持ちで学びました。

柄本:いや、その10日間で絶対に老けてるって。

中野:あははは。でもまあ、わりと常にそういう人生だったから、人より老けてるのかもね(笑)。

柄本:だって俺の一つ上? そんなもんしか違わないとは思えないよ、この堂々とした雰囲気。


©2017 『ポルトの恋人たち』製作委員会

中野:いやいや。佑くんなんて、ポルトガルの現場に素足に下駄で現れたじゃん、サッカーのベンチコートを羽織って。その落ち着き方たるや……(笑)。年が違うどころか、生きてる時代が違うんじゃないかと思ったよ。時空を超えた落ち着き方。

柄本:あははは。でもさ、楽器も習ったんでしょ? 俺なんかよりやることいっぱいあったよね?

中野:そうなんだよね。俺、イタリア語とフランス語なら話せるのに、なんでポルトガル語なんだ? ギターやピアノならまだ触ったことあるのに、なんでポルトガル・ギターなんだ?って。でも、準備が恐ろしく大変だったぶん、現地ではすんなり馴染めましたね。ご飯は美味しいし、人はみんな洗練されているし。

柄本:ご飯、美味しいよね。「イワシの塩焼き」とかあって。

中野:主食で米が出てくるのも、ヨーロッパじゃ珍しいと思うんですよね。どのレストランに行っても、米は必ずある。どのガイドブックを見ても「(日本人は)どこか懐かしさを感じるはず」って書いてあるけど、元々交流があった国だからなのか、違和感もそんなになくて。

衣装クレジット:コート ¥110,000 HUNTING WORLD(ハンティング・ワールド帝国ホテル店) タートルネックニット ¥220,000 lucien pellat-finet(ルシアン ペラフィネ 東京ミッドタウン店) パンツ ¥58,000 ami alexandre mattiussi(アミ オモテサンドウ) ブーツ ¥90,000 PIERRE HARDY(ピエール アルディ 東京)

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE