反トランプで小包爆弾被害のデ・ニーロが国民へ「あなたの1票は、爆弾よりも強い力を持つ」

自らも小包爆弾の標的にされた俳優のロバート・デ・ニーロが、米国民に中間選挙への投票を呼びかけた(Photo by Shutterstock)

俳優のロバート・デ・ニーロは、自らもトランプに批判的な立場を取る有名人や民主党関係者へパイプ爆弾が送りつけられるという一連の事件の標的にされた件を踏まえ、米国民に中間選挙への投票を呼びかけた。

小包爆弾を送りつけられたことが明らかとなった俳優のロバート・デ・ニーロが声明を出し、米国民に中間選挙への投票を呼びかけた。小包爆弾は、バラク・オバマ、ビル&ヒラリーのクリントン夫妻、その他民主党議員やメディア関係者ら約10か所に送付され、デ・ニーロもその標的の中のひとりだった。

「被害者が出なかったことに安堵している。さらに、我々を守ってくれる勇敢で能力の高い警察や消防などの関係者にも感謝したい」とデ・ニーロは、自らが設立に関わったトライベッカ・プロダクションズ(ニューヨーク)へ爆発物が送りつけられた翌日に、声明を出している。「あなたがたの1票は、爆弾よりも強い力を持つ。国民の皆さんは必ず投票すべきだ」

ABCニュースによると、デ・ニーロ宛ての郵便物を検査する役目を担っていた元ニューヨーク市警察のテロ対策担当刑事が、ニュースで報道されていた爆発物と似た未開封の小包を発見した。

まずは小包爆弾を非難し、その後メディアによる報道のやり方へ批判の矛先を向けたトランプ大統領は、2018年10月26日のツイートで、「“爆弾”事件は」とクォーテーションマーク付きで、中間選挙から有権者の目を逸らすひとつの出来事であることを示唆した。

10月26日、さらに2つの爆発物が発見された。ニュージャージー州選出のコーリー・ブッカー上院議員と、ジェイムズ・クラッパー元合衆国国家情報長官を狙ったと思われる。CNNによると、連邦捜査当局がフロリダ州で、小包爆弾に関係した容疑で男を拘束したという。

Translated by Smokva Tokyo

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事