KISSがラストツアーの詳細発表、声明では「究極の祝祭になる」と宣言

KISSがラストツアー「End of the Road」の日程第一弾として、2019年から始まるワールドツアーの詳細を発表した。(Photo by Keith Tarrier / Shutterstock)

KISSがラストツアー「End of the Road」の日程第一弾として、2019年から始まるワールドツアーの詳細を発表した。ツアーのオープニングとなる北米ツアーは1月31日の加ブリティッシュコロンビア州バンクーバー公演からスタートし、4月13日の米アラバマ州バーミングハム公演まで、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデン、ロサンゼルスのザ・フォーラムを含むアメリカ・カナダの40以上のアリーナを駆け巡る。

「過去40年に渡って我々が築き上げたすべてのこと、征服してきたすべてのものは、ライブのたびにクラブ、アリーナ、スタジアムを満杯にしてくれた何百万ものファンがいなければ成し遂げられなかった」と、KISSが声明で述べた。

「このツアーは、これまでKISSのライブに足を運んでくれたファンには究極の祝祭となり、まだKISSのライブを見たことのない人には最後のチャンスとなる。KISSアーミーたち、俺たちは今回のラストツアーでKISS史上最大規模のショーを行ってみんなにお別れを言うが、登場したときと同じ俺たちで去ることにする。そう、悪びれず、飽くことなく」

「End of the Road」ツアーの公演チケットは、KISSアーミーへの販売が米国現地時間10月31日から、一般販売が11月2日から始まる。



Translated by Miki Nakayama

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE