オジー・オズボーンが死に至るおそれのあるブドウ球菌感染に感染、重症エピソードを語る

「ブドウ球菌感染症」にかかり重症だったオジー・オズボーン(Photo by Will Ireland/Classic Rock Magazine/Future Publishing via Getty Images)

オジー・オズボーンが、死に至る恐れがあるという「ブドウ球菌感染症」にかかり、ツアー日程の多くを延期せざるを得なくなった。オズボーンは、ローリングストーン誌に今回の感染症について一部始終を話してくれた。延期された公演は2019年に行う予定で、「最初の頃と比べたら、今の俺は85〜90%回復しているから、快方に向かっているよ」と語ってくれた。

オジー・オズボーンは、右手の親指が「まるで電球みたいに大きく」腫れたのを見たときに、自分の体内で何かが起きていると確信した。10月初旬の米ユタ州ソルトレイクシティ公演のあと、いつも着けている親指の指輪が入らなくなった。そして翌朝までに右手の親指は通常の10倍まで膨れた。「さすがにビビった」とオズボーン。膨れ上がった指を妻でありマネージャーのシャロンに見せたところ、彼女は即座に救急治療室に彼を連れて行った。そこで最悪は死に至るブドウ球菌感染症に感染していることが発覚したのである。そして、直近の4公演を延期し、オジーは治療に専念することにした。

現在の彼はほぼ回復している。現在進行中のノー・モア・2・ツアーで今回延期を余儀なくされたカリフォルニアとラスベガスの公演は、2019年にオセアニアと日本公演を終えた7月に行われることになった(本来の公演チケットで新公演に入場できるが、希望者には払い戻しも行っている)。

2019年初めにツアーが再開するまで、オズボーンは日常生活へ戻る努力を続けつつ、今回自分に起こったことの一部始終を解明するつもりのようだ。救急治療室に行ったときの彼は普通の状態だった。発熱もしておらず、病気らしい症状は一切なかった。あったのは巨大に膨れた親指1本だけ。「調子が悪くもなったから、冗談を飛ばしていたよ」とオズボーン。「そしたら医者が『オズボーンさん、あなた自身が気付いているかは分からないのですが、これはかなり深刻な状態ですよ』って言ったのさ。そしたらシャロンが『ねえ、そのくだらない冗談を言うのはやめてくれない?』って」と言ってオズボーンが笑う。「だから言ってやったのさ、『なあ、これは俺の手だぜ』って」 ところが誰も笑ってくれなかった。「全員が完全に、これ以上ないってくらいマジな顔をしていた」とオズボーンが続ける。「みんなの表情と医者のボディランゲージで判断したよ。医者が真剣な表情でやってきたら、俺だって『わかった、わかった、もうやめるよ』ってなるさ」と言って笑う。

検査を終えた彼に医師が伝えたのは、彼の親指に感染しているブドウ球菌は1種類だけではなく3種類だということ。そして、そのうちの1種類は中指まで感染が広がっているということだった。ブドウ球菌感染は、通常は肌の上に留まっている無害の細菌が何かのはずみで血管に侵入したときに起こるもので、すぐに治療しないと死に至る危険がある。映画『ジョーズ』で主演を務めたロイ・シェイダーも、アレクサンダー・ヘイグ国務長官もこれが原因で他界している。医師がオジーに詳細を説明したあと、彼は事態の深刻さを理解し、手の手術を受けた。

Translated by Miki Nakayama

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事