登坂広臣インタビュー「エッジィな音楽を自己流に昇華」

2018年8月からスタートしたソロツアー「HIROOMI TOSAKA LIVE TOUR 2018 “FULL MOON”」は12月まで続く。(Photo by Tsutomu Ono, Styling by Eiji Takahashi, Hair and Make-up = Chie (H.M.C))



・作った瞬間に出したいし聴いてもらいたい

ーここまでのお話を聞いて、骨組み段階からご自身がコミットしているからクリエイティブが統一されてるんですね。納得しました。

登坂:ソロプロジェクトはセルフプロデュースで全部やらせてもらっています。楽曲はもちろんミュージック・ビデオもロゴも発信の仕方も。そこに関してはHIROさんは入らずに自分でやっているので、クリエイティブな面もすごく成長させてもらえているというか。登坂広臣というアーティストが周りにどういうふうに見えているかなとか、自分を俯瞰で見て考えながら自分をプロデュースするっていうのを楽しみながらやらせてもらっています。

ードキュメンタリーで「MVをフルで新鮮なうちに早く出したい」と、情報露出のスケジュールまでも綿密に介入していたのは初めて知る一面でした。

登坂:ソロのことに関しては情報解禁の日程も含め全部携わっていますね。さっきの日本と海外の音楽的時差の話にも通じますけど、ソロだとその辺りのストレスを感じることがより多いので。なぜこれができないのか?とか、なぜこんなことが未だに規制されてるのか?とか、すごく不思議に思うんですよね。

ー具体的な例を伺っていいですか?

登坂:レコード会社の考えがあってのことだとは思いますが、ミュージック・ビデオがフルでYouTubeに流れないことなど。今の時代、YouTubeで無料で見る若者が多いのもありますし、音楽の聴き方は明らかに変わってきてると思うんですね。CDの売上枚数も音楽を評価するものじゃないと思いますし。大事な数字ではあるけどもっと大事なものがあって、そこをすべて見せるべきなのに見せられない環境があるっていうところにすごくストレスを感じる。そこになぜ規制を張るんだろうって元々ずっと疑問に思ってたんです。100歩譲って、グループなら抱える規模が大きいぶん規制すべきところがあるっていうのはまだ理解できるんですけど、ソロに関してはチャレンジでしかないのに、そこをやらせてもらえないってことにフラストレーションが溜まることもありますし、単純に分からない。ここがフリーになればもっとクリエイティブなことが生まれるし自分のやりたいことも発信できるのに。そういう意見はスタッフに言わせてもらいましたね。そこに関して自分と同じテンションでスタッフにもやってもらわないと、アーティストが死ぬなって単純に思う。

ーなるほど。「隆二よりも先に出したい」とも訴えてましたよね。これは何か意図が?

登坂:僕が作っている音楽はAfrojackのプロデュースというのもあってトレンドの音だったりするので、それを温存する気はないというか。機が熟して出すつもりはなくて、作った瞬間に出したいし聴いてもらいたいのが本音で。一方、隆二がやっているR&Bとかブライアン・マックナイトと一緒に作っているものって、何十年後にも残る音楽だと思うんですよ。それこそ十数年前のブライアン・マックナイトとかJoeとかのアルバムを僕も未だに聴きますし、いつ聴いてもいいなって思うんですけど、そういう音楽を隆二は好きでやっている。「隆二より早く出したい」と言ったのは、隆二が音楽をじっくりちゃんと作り上げて機が熟して出す性格でもあると思うし、やっている音楽の性質でもあるから。だけど僕が作っている音楽は、スタジオでセッションしながらビートを作ってメロを作ってすぐ歌入れて、どんどん形にしていくタイプなので、スピード感が違う。僕の音楽のほうがいい意味で寿命が短いと、自分でも思っているんですね。寿命が短いんだったら、そのぶん早く世に出したいという意味です。自分が三代目のヴォーカルということで、過保護に周りに守られるほうがストレスになるというか。僕はそういうタイプの人間ではないので。別に失敗したとしても、コケたとしても、チャレンジできないで終わるほうが失敗だと思うので、今の難しい日本の音楽業界でもある今だったら、むしろチャレンジしないほうがもったいない。その姿勢をスタッフや周りにいる人とも共有したかったし、規制を張らずにフリーに音楽と向き合ってやるというテンションを求めましたね。

ー今、一層饒舌に語ってくれた通り、曲作りに関してもプロモーションに関しても、スタッフとのディスカッションでは固い意志を持って強く自己主張されていましたよね。それは元々の登坂さんの性格? それともトップクリエイターと接して変わったいった部分?

登坂:元々の性格かな。あれしたいこれしたいという願望はすごく強いタイプでした。ただ、デビューしてグループで何年もやって背負うものが大きかったので。LDHという会社もEXILEという存在もあって、自分たちが次に行かなきゃいけないという使命感もあって。これまでは、プロデュースとか自分の意見ももちろん大事だけど、それよりも自分自身を成長させることのほうが大事だった。HIROさんという絶対的なプロデューサーの下、アーティスト、歌手としてのクオリティを上げなきゃということに何年も没頭してきました。その中で、三代目もすごく大きくなってグループとしての達成感も感じて自信がついたところもあって、自分のプロジェクト始動となったときに、何年もずっと溜め込んできたことが吐き出せるタイミングが来たと。

ー溜めていたんですね。

登坂:はい。これまでの期間で「ソロになったらやりたいこと」は溜めてきました。実際にプロジェクトとしてスタートを切った今、その引き出しを開けているというか。だから、何か刺激を受けて変わったというより、元々こういう性格だったからこそ、いろんなクリエイターやプロデューサーと接しているときに得るものを引き出しにどんどん入れていました。得たものをすぐその場で発信するんじゃなくて、時が来たら引き出しから出そうってずっと吸収してたんですね。それを経て、自分の向き不向き考えてアイデアに変えて、今出している状態です。今、31歳で、40までの人生プランは考えてるんですよ。このときにこうしていたいっていう願望ですけど。


Photo by Tsutomu Ono
トップス ¥130,000(参考価格)、パンツ ¥110,000(参考価格)、ベルト ¥67,000(参考価格)、スニーカー ¥115,000(すべてDior Homme/クリスチャン ディオール TEL:0120-02-1947)、そのほか本人私物 ※すべて税抜価格表記となります


ーへえ、そうなんですか。


登坂:グループがスタートしてデビューして、自分自身を鍛え上げる何年かを過ごして、今回溜め込んだものを発信できるようにもなって。じゃあこの先は、表舞台に立つ人間としてどういるべきか、というものを自分の人生設計として考えてますね。もちろん軌道が変化することはあると思いますけど。去年、30歳になったときに40歳までの人生プランを立てて、30歳の自分が思い描いた40歳の姿があるので、そこに向けて1個1個やっているっていう感覚ですね。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE