登坂広臣インタビュー「エッジィな音楽を自己流に昇華」

2018年8月からスタートしたソロツアー「HIROOMI TOSAKA LIVE TOUR 2018 “FULL MOON”」は12月まで続く。(Photo by Tsutomu Ono, Styling by Eiji Takahashi, Hair and Make-up = Chie (H.M.C))



・自分の中にある“本音”と“願望”

ーソロですから当然、全編にわたって登坂さんのヴォーカルが堪能できるわけですが、ヴォーカリストとしての変化や成長についてご自身ではどう感じていますか? 例えば「HEY」の音域の広さは三代目でも聴いたことがなかったので驚きました。

登坂:そういうのはソロのほうがより分かりやすく見せやすいってことだと思います。やっぱり自分の得意な部分と苦手な部分は自分が一番わかっているので、曲を作っている段階で、自分の良さが一番出る形にできますよね。例えばファルセットがここだったらきれいに鳴らせるとか、低音の倍音がここで鳴らせるとか、曲のコード感やピッチもそう。自分で作っているからこそ、自分がパフォーマンスすることもミュージック・ビデオの映像もすべて想像しながら作れる。そういうのはソロならではの利点かなと思いますね。三代目では、やっぱり「グループとして」を一番考えられますから。隆二と2人で歌ってどう表現できるかっていうのはもちろん、それにプラスしてパフォーマーがいるので、多少ビートがないとパフォーマーが踊れないなとか、ダンスで取れる音を使わないとパフォーマー的に困るなとか、そういうのを考慮して作っているので。自分の色や強みっていうより、そこを消してでもグループとしての良さを優先させる作り方なんです。対してソロだと、自分のレンジの広さ、倍音の多さ、ピッチの得意不得意とかも含めて作って歌えるので、いい意味で伸び伸びとやらせてもらえるというか。

ーそっか、そりゃあそうですよね。

登坂:だから特別、歌の技術が上がったなとかうまくなったなとは思っていないですね。ただ自分の良さを一番出せることがやれているんじゃないかなという気がします。

ーとはいえピアノとコーラスのみのバラード「END of LINE」なんかは、以前のヴォーカルスキルで録っていたら違って聴こえるのではと思いました。

登坂:そうかもしれないですね。以前だったら違う表現の歌い方をしていたかもしれないですけど、自分で歌詞を手がけたってこともあって「ここはこう歌いたい」っていう細かいヴォーカルディレクションを自分自身でやらせてもらいました。

ー作詞には全曲ご自身が携わってるんですか?

登坂:そうですね。

ー7曲全部、登坂さんのリアルな思いと捉えていいんですかね? 何かキャラを演じているわけではく。

登坂:はい。「DIAMOND SUNSET」はチルな、リラックスしている曲にしたかったので「こんな景色があったらいいな」という理想を思い描きながら、自分が好きなロサンゼルスや西海岸の雰囲気を反映させて作って、「WASTED LOVE」は過去の恋愛のことをリアルに書きましたし。


Photo by Tsutomu Ono

ー「END of LINE」に繰り返し出てくる“Where’s the end…(終わりを探している)”というラインは気になりました。どういう意味だろう?と。


登坂:決して明るい気分のときに作った曲ではないんですけど(笑)、これもシンプルに自分が思っていることを出したので、すぐ浮かんで書けた記憶があります。まあいつか終わりが来るっていうのは、自分以外のメンバーもみんな分かっていることで。ずっと三代目がこういうふうにいられるわけでももちろんないですし、時代は変わってくわけで。ネガティブな表現ではあるかもしれないけど、僕的にはポジティブに捉えている“終わり”ですね。いずれ終わりが来るのであれば、そこに向けて逆算してじゃあ今何をすべきなのかとか、グループとしてほかに何ができるんだろうとか。終わりを考えるからこそ今やるべきことを見つめている時期があったんです。ツアー中ですかね。そのときに作った曲です。単純にファンに対して思っている願望でもあるし、自分の本音でもある。うん、本音と願望かなあ。

ー印象に残った歌詞といえば「LUXE」にもありまして、“LOOKSだけ真似(コピー)したらただのレプリカ 勝ち抜いてくPRESSUREの向こうに 上がっていくのさ このONE&ONLY SKY”というところ。期待とプレッシャーを受けてる側の人じゃないと出てこないラインだと思いますし、さすがボウラー!と思いました。

登坂:(笑)。これもまさしく本音ですね。単純にみんなに対して言いたかったこと。こういうことが言いたいからって作った曲ではなくて、曲を聴いたときに「この強いヒップホップビートだったら言いたいこと言わせてもらう」みたいに思って詞を書きました。別に偉ぶるつもりもないし、自分がセレブだって言うつもりも特別ないんですけど、みんなが思っているより良い生活させてもらっているよ、とかリアルな部分はリアルに見せていいのかなって。

ー実際私たちからしたらお金持ちで成功者で実力者ですから、そういう人にしか吐けないラインで素晴らしいですよ。

登坂:マネしてくれてもいいけど、俺のマネだけしていてもそれはただのレプリカでしょって。だったら自分がやりたいことを見つけてそこを勝ち抜いたほうがオリジナル=ONE&ONLY SKYになれると思うよ、君もそこでセレブになればいいと思う、みたいな純粋なメッセージ。

ーソロならではの強気な本音ですね。

登坂:男の子とかでマネしてくれる人がいても、モノマネしていても面白いのかな?と単純に思っちゃうんですよね。なんか自分は人の何かをマネするとかコピーするって感覚がなかったんで。応援してくれるのはすごくうれしいですけど、同じ男として、ただの憧れだけじゃなくて、男だったらもっとイケイケでよくない?(笑)みたいなことを言いたかったというか。あらたまって解釈されると恥ずかしいですけどね(笑)。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE