ヨーコ・オノ、ジョン・レノンの誕生日に「イマジン」の新バージョンを公開

ジョン・レノンの78回目の誕生日となった10月9日に、「イマジン」の新バージョンを公開したヨーコ・オノ(Photo by 360b / Shutterstock.com)

10月24日に5年ぶりの新作『ウォーゾーン』をリリースするヨーコ・オノが、ジョン・レノンの78回目の誕生日となった10月9日に、アルバムに収録されている「イマジン」のニュー・ヴァージョンを公開した。

「イマジン」は2017年6月に、1971年から46年の時を経て、作詞・作曲のクレジットにジョン・レノンとともにヨーコ・オノの名前が追加された。今回のニュー・ヴァージョンについて、ヨーコは「この曲をやるのは怖かった。トム(プロデューサーのトーマス・バートレット)も少し怖がっていたんじゃないかと思います。世界中の人が知っている曲ですから。でも、今回のアルバムのテーマに合うと思ったから、やるべきだと決心しました」と語っている。

また、ジョン・レノンは1980年のインタビューで「イマジン」について、こう語っていた。「あれはLenonn-Onoの曲としてクレジットされるべきだ。歌詞やコンセプトの多くはヨーコから来ているからね。でも、その時の僕はいつもよりちょっと自分本位で、いつもよりちょっと男権主義的だったから、彼女の貢献に言及するのを省いてしまったんだよ」。



NY時間10月9日14時には、世界中のファンが特設サイト上で「イマジン」を聴きながら、チャットで交流するオンライン・リスニング・イベント「Imagine Global Listening Event」が開催された。ヨーコ・オノはもちろん、ビートルズのデビュー前からの友人で『リボルバー』のジャケットをデザインしたクラウス・フォアマン、ジョンとヨーコの長年の友人で一時期スポークスマンでもあったエリオット・ミンツ、そして『ウォーゾーン』のリミックスを担当したポール・ヒックスなどの関係者も参加した同イベントでは、ファンからの質問に1時間以上にも渡って答えていたという。

その後、アイスランドにある「イマジン・ピース・タワー」からのライヴ・ストリーミングも実施。「イマジン・ピース・タワー」は、毎年ジョンの誕生日である10月9日からジョンの命日の12月8日まで点灯されている。




<リリース情報>

ヨーコ・オノ 『ウォーゾーン』

ヨーコ・オノ
『ウォーゾーン』
発売日:2018年10月24日(水)
品番:SICX-30062 (高品質Blu-spec CD2)
価格:¥2500+税
※日本盤のみのボーナストラック1曲収録

ヨーコ・オノ『ウォーゾーン』特設サイト:
http://www.110107.com/yoko_ono

Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事