リタ・オラ、コラボ曲も多数含む2ndアルバム『フェニックス』から新曲「レット・ユー・ラヴ・ミー」を公開

エド・シーランやアヴィーチーらとのコラボ曲も含む、待望の2ndアルバム『フェニックス』を11月にリリースするリタ・オラ

過去10年間で最も成功した英国のポップ・アーティストのうちの1人に数えられ、世界的ファッション・ブランドとのコラボや、モデル、テレビ番組の司会などタレントとしても人気を博すイギリスの歌姫、リタ・オラ。彼女が、11月23日に2枚目となるスタジオ・アルバム『フェニックス』をリリースすることが明らかになった。本日9月21日より新曲「レット・ユー・ラヴ・ミー」の配信がスタートしている。

リタ自身が共同制作を手がけた新曲「レット・ユー・ラヴ・ミー」は、新しい恋愛関係における女性の不安を表しているミッドテンポなポップ・ソングだ。彼女の今までの楽曲のなかでも最もプライベートな曲となっており、自身の愛されるべき弱さを堂々と見せつけた歌声を聴かせてくれる。



リタ・オラは2017年5月にアトランティックに移籍を果たし、エド・シーランとスティーヴ・マックが作曲を手がけた移籍第1弾シングル「ユア・ソング」は3億5200万以上のストリーム数を記録するなど世界中で大ヒット。また、アヴィーチーとのコラボ曲「ロンリー・トゥゲザー」や、リアム・ペインとのコラボ曲「フォー・ユー」、そしてカーディ・B、ビービー・レクサ、チャーリーXCXが参加した旬な女性シンガー4人による「ガールズ」といった話題のコラボ曲もすべて『フェニックス』に収録されるという。

待望の2ndアルバム『フェニックス』について、リタ・オラは次のように語っている。

私は音楽を作っている時とパフォーマンスする時、最も解放感を感じるの。このアルバムは、利益とかじゃなくて、単に私が好き好んで作ったアルバムよ。だからこそ私のやり方で工夫することが大事だった。一緒に制作を手がけてくれたみんなの愛と支えに心から感謝しているし、彼らのお蔭で本当に誇りに思える作品を作ることができたと思う。彼らこそ、私が心の底から何かを生み出せるように自由とスペースをくれたわ。制作は厳しかったけど、幸福感も感じさせてくれたわ。そしてなによりも『フェニックス』を誕生させるまでの全ての過程に感謝し、誇りに思っているわ。ファンのみんな、辛抱強く待ってくれてありがとう。また、いつも私の音楽を聴いてくれてありがとう。
- リタ・オラ



<リリース情報>

リタ・オラ 『Phoenix / フェニックス』

リタ・オラ
『Phoenix / フェニックス』
発売日:2018年11月23日(金)
※国内盤詳細は後日発表

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE