アリアナ・グランデ、「一番の親友」マック・ミラーを偲ぶ

アリアナ・グランデが、Instagramでマック・ミラーを追悼した。 (Photo by Jeff Kravitz/FilmMagic)

沈黙を守ってきたアリアナ・グランデが、Instagramでマック・ミラーを偲ぶコメントを発表した。「ごめんなさい。あなたを治してあげられなかった。あなたの痛みを取り除いてあげられなかった」。

1週間前に元恋人のマック・ミラーがドラッグの過剰摂取とみられる原因で他界して以来、ずっと沈黙を守ってきたアリアナ・グランデが、Instagramに「一番の親友」を偲んで悲痛のメッセージを投稿した。「19歳で初めて会った日からあなたのことが大好きだった。これからも大好きよ」とグランデ。「あなたがもうこの世にいないなんて信じられない。頭の中が整理できないの」

「あなたは私の一番の親友だった」と彼女のメッセージは続く。「ごめんなさい、あなたを治してあげることも、あなたの痛みを取り除いてあげることもできなかった。本当はそうしてあげたかったのに。誰よりも心優しかった人が、悪魔からこんな仕打ちをうけるなんて間違ってる。これからはもう大丈夫よ。どうぞ安らかに」

グランデのメッセージは、彼女とミラーが静かにディナーを楽しむ様子を収めた、心温まる動画と一緒に投稿されたもの。マック・ミラーは「Everything Will Be Ok(すべて上手くいくさ)」と書かれたスウェットを着て、幸せそうに寛いでいた。なにやら話し始めたミラーは、グランデが撮影しているのに気づくと、笑い出してカメラを止めようとした。

グランデがミラーの死について公にコメントしたのはこれが初めて。それまでは、Instagramにマック・ミラーのモノクロ写真をキャプション無しで投稿していた。

ミラーは先週金曜日、自宅で死亡しているのを発見された。享年26歳。公式な死因についてはいまだ明らかにされていない。「彼は家族、友人、そしてファンの方々にとって、この世界を照らす光でした」と、遺族は声明文を発表。「皆様からの追悼の意に感謝申し上げます。プライバシーを尊重してくださいますよう、お願いいたします」

ミラーの死を受け、ドレイク、Childish Gambino、チャンス・ザ・ラッパー、J・コールといったヒップホップ界の大勢の仲間たちがTwitterやステージ上で彼に追悼の意を捧げた。







ーInstagramコメント全文ー
アリアナ・グランデ

19歳で初めて会った日から、あなたのことが大好きだった。これからもずっと大好きよ。あなたがもうこの世にいないなんて、信じられない。頭の中が整理できないの。このことについてずっと話し合ったわよね。何度も。ものすごく腹立たしくて、ものすごく悲しい。どうしたらいいのかわからない。あなたは私の一番の親友だった。ずっと長い間。誰よりも大切な人。ごめんなさい、あなたを治してあげることも、痛みを取り除いてあげることもできなかった。本当はそうしてあげたかったのに。誰よりも心優しかった人が、悪魔からこんな仕打ちをうけるなんて間違ってる。これからはもう大丈夫よ。どうぞ安らかに」


Translated by Akiko Kato

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事