マイクロ波の武器を使用か?世界の米国政府職員が脳損傷など不調続出

2017年9月、キューバのハバナにある米国大使館の施設内にいる職員ら(Photo by Sven Creutzmann/Mambo photo/Getty Images)

中国やハバナなど多くの米国大使館職員が脳に損傷を負ったり、さまざまな症状を訴えている。米国の情報機関はロシアの関与、マイクロ波を使用した武器を疑っている。

米国の情報機関は、2016年の米大統領選挙にロシアの介入があった、と断定した。選挙から2年が経った2018年、国家情報長官のダン・コーツは、サイバー攻撃の可能性に関して「警告灯が再び赤く灯り始めた」と発言している。米国の複数の情報機関がロシアによる米国に対する新たなタイプの攻撃を疑っている、と2018年9月11日にNBCが伝えた。特に、キューバと中国に赴任した米国政府職員のメンタルヘルスに対する攻撃が著しいという。

2016年後半、ハバナ(キューバ)の米国大使館で働く米国人職員が奇妙な身体的症状を訴え始め、本国への帰国を余儀なくされる職員もいた。米国務省は“事件”と表現し、キューバ政府の関与を疑う声もあった。「キューバ政府は長年に渡り、ハバナで働く米国政府職員に対するハラスメント行為を続けてきた」と2017年8月、マルコ・ルビオ上院議員(フロリダ州)は、キューバが疑惑を調査していると伝えられた後にコメントしている。「ハラスメントは、オバマ前大統領による宥和政策でも止まらなかった。米国職員個人に対する攻撃は、カストロ体制の影響が広く及んでいることを示し、明らかに国際規範に反する」

2017年10月にAP通信は、被害を受けた複数の米国人が攻撃を受けた際に聞いたとされる音声を入手した。“事件”は、故意の攻撃によるものと断定されている。聴力の低下を訴える被害者もいて、米国へ帰国した際に補聴器を付けた職員もいた。被害を受けた職員は、大音量の騒音が聞こえたとしているが、音源は明らかになっていない。

録音された音が公開された時点では少なくとも22人の米国人に“医学的な被害が確認された”が、2018年春に攻撃は再開している。本校執筆時点で被害を受けた米国政府職員の数は26人に増えているが、加えて2018年初頭には、中国でも1人の職員が同様の症状を訴えている。攻撃は当初、単純な音によるものと思われていたが、被害者が認知能力、バランス、視覚、不眠などの問題症状を引き起こす脳の損傷を負っていることから、マイクロ波や電磁波、或いは未知のテクノロジーとの組み合わせを疑う声も高まってきた。2018年9月初めにニューヨーク・タイムズ紙が伝えたところによると、医師や科学者は、マイクロ波を使用した武器を最も疑っているという。

Translated by Smokva Tokyo

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事