登坂広臣『FULL MOON』レビュー「コンセプチュアルなソロ活動の集大成」

8月18日から全国ツアー「HIROOMI TOSAKA LIVE TOUR 2018 “FULL MOON”」がスタートする登坂広臣(Photo by Tsutomu Ono for Rolling Stone Japan vol.4)



さらに今回のアルバムならではの新機軸となるのは、叙情的な作風で知られるシンガー・ソングライターのTHE CHARM PARKが作曲/編曲を手掛けたアコースティックな質感のナンバー「Not For Me」だろう。期待のポップ・マエストロとしてメジャー・デビュー(登坂と同じrhythm zoneのレーベルメイトとなる)も決定しているTHE CHARM PARKだが、彼一流のオーガニックな叙情性が登坂の歌い口やパーソナルな歌詞の表情にうまくマッチして、いままでなかったタイプの素朴でリリカルな聴き応えを生み出している。シンプルな詞世界の牽引する楽曲ということではピアノ・バラードの「With You」もあり、こちらはデビュー当初から三代目に関わってきたスウェーデンの名匠=エリック・リボムのサウンド・デザインによる美麗なナンバーだ。歌詞を登坂と共作するのは大河内航太だが、そういえば登坂の初ソロ歌唱曲「Link」(15年の『PLANET SEVEN』収録)もリボムと大河内のペンによるものだったわけで、そんな作家陣がここに名を連ねているのも実に印象的ではないだろうか。

このように、 グループ本隊の作品にも通じるバランスを取りながらもまったく異なる一個人のアウトプットに成功した『FULL MOON』。そんなアルバムを締め括るのはLucas Valentineによる妖美なアウトロの「OUTRO 〜ÉCLIPSE DE LUNE〜」である。野心的な新月から欠けることのない満月へ進化してきた登坂のソロ世界もひとまず〈月食〉を迎えるという趣向だが、また新たな月の巡りにも期待したいものだ。



HIROOMI TOSAKA LIVE TOUR 2018 “FULL MOON”

2018年8月18日(土)長野県 長野市オリンピック記念アリーナ エムウェーブ
2018年8月19日(日)長野県 長野市オリンピック記念アリーナ エムウェーブ
2018年9月8日(土)北海道 北海道立総合体育センター 北海きたえーる
2018年9月9日(日)北海道 北海道立総合体育センター 北海きたえーる
2018年9月15日(土)宮城県 セキスイハイムスーパーアリーナ
2018年9月16日(日)宮城県 セキスイハイムスーパーアリーナ
2018年9月23日(日・祝)新潟県 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
2018年9月24日(月・振休)新潟県 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
2018年9月29日(土)愛知県 日本ガイシホール
2018年9月30日(日)愛知県 日本ガイシホール
2018年10月24日(水)神奈川県 横浜アリーナ
2018年10月25日(木)神奈川県 横浜アリーナ
2018年11月17日(土)静岡県 エコパアリーナ
2018年11月18日(日)静岡県 エコパアリーナ
2018年11月23日(金・祝)福岡県 マリンメッセ福岡
2018年11月24日(土)福岡県 マリンメッセ福岡
2018年11月28日(水)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
2018年11月29日(木)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
2018年12月15日(土)兵庫県 ワールド記念ホール
2018年12月16日(日)兵庫県 ワールド記念ホール
2018年12月22日(土)広島県 広島グリーンアリーナ
2018年12月23日(日・祝)広島県 広島グリーンアリーナ
https://avex.jp/hiroomi_tosaka/

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE