GENERATIONS、45万人動員ドームツアーで見せた全方位型の「航海エンタテインメント」

東京ドームで「GENERATIONS LIVE TOUR 2018 "UNITED JOURNEY”」を終えたGENERATIONS from EXILE TRIBE

GENERATIONS from EXILE TRIBEが初のドームツアー「GENERATIONS LIVE TOUR 2018 "UNITED JOURNEY”」を8月5日に東京・東京ドームにて完遂。ベスト・アルバム「BEST GENERATION」を携えての本ツアーでは、全国4都市のドーム計10公演で41万5000人を動員。さらに東京公演のライブビューイングには4万人が参加し、合計45万5000人がステージを目撃するというグループ最大規模のツアーとなった。

ライブは“アジア”、“アメリカ”、“ヨーロッパ”、“ジャパン”の4大陸をGENERATIONSが大航海するというテーマで進行。オープニングで大勢のマーチング隊が出航を盛り上げ、メインステージからU字型に伸びる花道上にメンバーが現れると、場内は割れんばかりの歓声に包まれた。片寄涼太は「UNITED JOURNEY東京公演、今日は最高の旅にしましょう!」と呼びかける。“船出”を飾ったのはアータイトルにもなった楽曲「UNITED JOURNEY」だ。ステージにツアーロゴが描かれた大きな船の帆が張られ、客席では水色と白のフラッグが躍り出す。

序盤は観客のボルテージが急上昇するアッパーな流れ。爆発と共にロゴの帆が落とされ、キラーチューン「AGEHA」へ流れ込む。次の「ALRIGHT! ALRIGHT!」ではパフォーマー5人がソロダンスで沸かせ、「Hard Knock Days」で関口メンディーのラップと数原龍友のドラムも披露。「Always with you」では、EXPGのキッズダンサーと一緒にハートフルなダンスでステージを埋めた。

その間、時折サービスモニターにカメラ目線や投げキスをするメンバーが映れば、女性たちの黄色い声がこだまする。近年は個々のキャラクター性が濃く打ち出され、そこに魅力を感じてファンになる人も増加しているGENERATIONS。歌とダンスによるスキルフルなパフォーマンスで魅せるのはもちろん、一方で男子校のようなメンバー同士のワチャワチャや女性をキュンとさせる仕草といったアイドル的部分の見せ方、そのバランス感も絶妙だった。

仮面舞踏会をモチーフとした幕間パフォーマンスを挟んで、赤スーツに着替えた7人。彼らは“ヨーロッパ”の世界観の映像をバックに「PIERROT」から次章をスタートさせる。この“ヨーロッパ”パートでは1人ずつフロートに乗り込んでアリーナ外周へ繰り出し、甘いラブソング「Love You More」に乗せて、各フロート上で女性ダンサーとカップルダンスを繰り広げた。その密着度の高さにファンは悲鳴にも似た興奮の声を上げていたが、彼らがパフォーマンスグループである前提をもってすれば、表現力の向上を示す好演出だったと思う。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事