トレント・レズナーが断言「リサーチはマーケティングの仕事、作り手は気にしない方がいい」

ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナー(Photo by Brandon Bowen)

来週開催のソニックマニアに出演するナイン・インチ・ネイルズ。現在53歳のレズナーは、30年前とはもはや別人だ。今は結婚しており、妻との間には4人の子どもがいる。バンドの活動以外では、盟友アッティカス・ロスと共に多くの映画音楽を手がけており、2011年の映画『ザ・ソーシャル・ネットワーク』のサントラはオスカーを受賞した。また「極めて限られた範囲」であるとしつつも、彼はアップルが運営するストリーミングサービスにも携わっている。

過去数年間で発表したEP三部作すべてがビルボードの30位以内にチャートインし、フェスティバルではヘッドライナーを務め、『Add Violence EP』に収録されたニューウェーブ調の「Less Than」のようなキャッチーな曲をロックチャートに送り込むナイン・インチ・ネイルズは、シーンにおいて不動の地位を確立している。

彼は自身の考えを述べる際に、「カッコつけるつもりはないが」「つまらない話かもしれないけど」 といった前置きを頻繁に加える。それでも、もはや彼が以前のような自己嫌悪に囚われていないことは明らかだ。ではなぜ、その音楽は今なお怒りに満ちているのだろうか。

「俺は怒りの貯蔵庫を隠し持ってるんだよ」。本誌とのインタビューで、彼は真顔でそう語った。「昔のように、抑制の効かない怒りや自己破壊願望に襲われることはなくなった。そのことには心底安堵してるよ」と彼は笑ってそう話す。「今の俺は自分自身じゃなく、外の世界に憤りを覚えているんだ。俺とアッティカスはスタジオで過ごす時間の一部をセラピーセッションに当てている。世界が置かれている状況を理解しようと努め、自身の思いを吐き出すようにしている。それは今や不可欠なプロセスになっているんだ」

ーナイン・インチ・ネイルズの過去3作は、それぞれ異なる切り口で社会の腐敗を描いていました。念頭にあったのはやはり、ドナルド・トランプのことでしょうか?

違うよ。俺は今の状況の元凶がトランプだとは思っちゃいない。ヤツはむしろ、ソーシャルメディアが世にもたらした弊害の産物なんだ。サイバースペースで人々が繋がるにつれて、対話の機会は減少し、過激派の人間が団結するようになった。小さな子どもを持つ父親として、俺はそのことを真剣に危惧するようになった。偏った民族意識が力を持ち始めていることをね。

ーあの3作はいかにして生まれたのでしょうか?

当初は3部構成のアルバムとしてリリースする予定だったんだ。でもそれぞれを独立した作品として発表することにした。各レコードは「自分は何者なのか、この世界のどこに居場所を求めるべきか」といった疑問を、それぞれ別の切り口から描いているんだ。

ー各レコードのコンセプトは?

『Not The Actual Event』の場合はこんな感じさ。「今の自分の姿は見せかけに過ぎないのかもしれない。自己責任とはいえ、他人の目に映る俺は正常なふりをしてる元依存症患者だ。自己破壊というファンタジーもろとも焼き尽くしてしまえば、一体何が残るんだろう?」っていうね。音楽的にもマッチしたんだ。

2作目の『Add Violence』のコンセプトはちょっと違う。「自分は無関係なのかもしれない。この世界の本当の姿は、目の前のものとはまったく違うのかもしれない。俺たちは仮想の世界に生きているのかもしれない」っていう感じさ。3作目(『バッド・ウィッチ』)はその方向性をさらに突き進めたものになるはずだった。でも制作を進めるうちに、まるで自分自身の想像力に追い詰められていくかのような感覚に襲われた。そのときに作品のコンセプトがはっきりしたんだ。

Translated by Masaaki Yoshida

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事