「日本3大音楽フェス」関係者だけが知っている歴代ベストシーン:ROCK IN JAPAN FESTIVAL編

約6万人を収容するGRASS STAGE、湖のほとりのLAKE STAGEをはじめ、個性的な7ステージで途切れることなく音が鳴り続ける。

今やすっかり夏の風物詩となった、音楽フェスが日本に根付いてから20年が経つ。近年は子連れで参加するオーディエンスも増えており、ビギナー/リピーターを問わず音楽と戯れ合う光景は、カルチャーとしての成熟ぶりを感じさせる。そのなかで、「日本の3大音楽フェス」と呼ばれるFUJI ROCK FESTIVAL(フジロック)、SUMMER SONIC(サマソニ)、ROCK IN JAPAN FESTIVAL(RIJF)は、アーティストと観客の熱狂が生んだ無数のドラマに加えて、フードやファッションといった音楽のみにとどまらないエンターテイメントの多様性でも時代をリードしてきた。そこで今回RSでは、それぞれのフェスと縁の深い関係者にインタビューを実施。彼らが目撃したベストシーンとエピソードを振り返ってもらった。

vol.02 ROCK IN JAPAN FESTIVAL(RIJF)

今年で19回目を迎える国内最大のロックフェスティバル、ROCK IN JAPAN FESTIVAL。開催を2週に分けるなど常に進化し、動員数、出演アーティスト数を年々増やし、規模を拡大し続けている。そんな同フェスで起きたミラクルな一瞬を捉え続けてきたオフィシャルカメラマン2人にインタビューを敢行! 彼らだからこそ見られたROCK IN JAPAN FESTIVALの景色とは?

※この記事は6月25日発売の「Rolling Stone JAPAN vol.03』に掲載されたものです。

INTERVIEW:Rui Hashimoto
僕の役目は「フェスっぽくない写真」を撮ることなのだと思います。

フォトグラファーとしてだけでなく、ライブイベントや写真展などを定期的に開催する他、自身のアパレルブランド『STINGRAY』のプロデュースなども手がける橋本塁。彼がROCK IN JAPAN FESTIVALのオフィシャルカメラマンとなったのは2005年、その年に新設されたステージ「SOUND OF FOREST」の担当だった。

「最初の年は、蛍光色のTシャツに金髪っていう格好で行ったら、2日目くらいに呼び出しを食らいましたね。『バンドマンよりも目立つんじゃない』って(笑)。翌日は頭に手ぬぐいを巻いて、黒いTシャツに着替えて撮影しました」

翌年は、「WING TENT」(現在は「WING STAGE」)という屋内ステージの担当となった橋本。LOSTAGEや、デビュー前後の9mm Parabellum Bulletをそこで初めて撮影し、その縁で付き合いが始まったという。続いて1万人規模の「LAKE STAGE」を3、4年担当。そして現在に至るまで、東京ドーム4個分に相当する大広場に設置された国内野外フェス最大級の「GRASS STAGE」に張り付いている。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事