イアン・ギランが語るディープ・パープルと歩んだ人生、「The Long Goodbye」の真意

ディープ・パープルが2016年に行った、日本武道館でのライブ写真(Photo by Masanori Doi)

デビュー50周年を迎えたディープ・パープルが、「The Long Goodbye」ツアーの一環で今年10月に来日する。ローリングストーンではイアン・ギランに電話インタビューを実施。バンドの近況と知られざるエピソード、日本公演への思いを語ってもらった。

「The Long Goodbye」という意味深なタイトルが付けられた今回のワールド・ツアーは、2017年5月にUKからスタート。2016年以来となる来日公演は、10月14日(日)に千葉・幕張メッセ 9・10・11ホール、15日(月)に名古屋国際会議場センチュリーホール、17日〜18日(水)に大阪・フェスティバルホール、20日(土)に広島上野学園ホール、22日(月)に福岡サンパレス ホテル&ホールでそれぞれ開催される。

2016年に『ロックの殿堂』入りを果たしたディープ・パープルは、翌年に通算20作目のスタジオ・アルバム『インフィニット』を発表。現在はイアン・ペイス(Ds)、イアン・ギラン(Vo)、ロジャー・グローヴァー(Ba)、スティーヴ・モーズ(Gt)、ドン・エイリー(Key)の5人編成で活動している。取材時はモントルーに滞在していたイアン・ギランへの電話インタビューは、バンドの新旧メンバーに取材してきた音楽ライターの山崎智之が行なった。

バンドの現状とジャパン・ツアー、日本武道館への想い

ー昨年(2017年)『インフィニット』を発表したとき、あなたは 「The Long Goodbye」ツアーについて「あと2年ぐらい」と話していましたが、それから1年が経ちました。状況は変化しましたか?もうゴールは見えてきましたか?

イアン:今の感触では、あと数年はツアーが続くと思う。『インフィニット』を出して、「The Long Goodbye」ツアーを始めるにあたって、世界中のジャーナリストに訊かれたんだ。これが最後のツアーなのか?いつ終わるのか?ってね。その答えは、俺も知らなかった。まあ、2年ぐらいと答えたけど、それから1年が経って、あと1年でディープ・パープルが終わるという実感はない。実際、メンバー全員が「あと2年で解散するぞ」と話し合ったわけじゃないんだ。このバンドが結成してから行ったミーティングは、おそらく通算10回以下だろう。ゴールがいつになるかは判らない。ただ、バンドが永遠に続くわけではないことは判っている。そんな状態だよ。10月のジャパン・ツアーが最後になるとは限らない。正直なところ、俺たちだって何度でも日本に行きたいよ。でも何にでも終わりはあるんだ。それは決して遠い未来ではない。

ー日本公演ではどんな曲をプレイする予定ですか?

イアン:ディープ・パープルの基本理念は、一貫しているんだ。我々のライブは4つの要素から成り立っている。まず誰もが知っている有名な曲、マニアだけが知っているレアな曲、新しめの曲、そしてインプロヴィゼーションだ。インプロヴィゼーションは大事だよ。バンドの鮮度を高めるのは即興的要素だからね。毎晩同じことをやっていたら、すぐに飽きてしまうだろ? バンドはエネルギーに満ちているし、日本に行くまでにあと60回ぐらいライブをやることになる。誰もがベスト・シェイプだ。日本ではエネルギーを爆発させるライブをお見せするよ。



ー東京(千葉)公演は幕張メッセで行われますが、サマーソニック2005でプレイした球場(現・ZOZOマリンスタジアム)の近くです。

イアン:俺にとって人生はひとつの長いショーだから、そのうち1公演をピックアップして思い出すのは難しいんだ。でも10年ぐらい前、日本の野球場でのフェスでプレイしたのは覚えているよ。その近くの会場なんだね?

ーディープ・パープルは日本武道館で1972年に『ライブ・イン・ジャパン』、2014年に『...トゥ・ザ・ライジング・サン』をレコーディングしていますが(さらにギラン不在の1976年作『ラスト・コンサート・イン・ジャパン/紫の燃焼』もあり)、日本武道館への愛着などはありますか?

イアン:もちろん! 日本武道館のような歴史のある会場には、魂が宿っているんだ。ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで初めてプレイしたときにも同じ魂を感じた。過去数百年にわたってステージに上がってパフォームした人々のスピリットを感じるんだ。武道館もまた、スピリチュアルな“聖地”だと思う。そんな歴史と文化に支えられた会場でプレイするのは光栄だし、名誉に感じるね。ただ、俺たちはどんな会場でもベストなショーを心がけている。10月のジャパン・ツアーでは、これまでプレイしたことのない新しい会場でもプレイするし、それを楽しみにしているよ。ある意味、ライブ会場はファンと同じなんだ。ステージ上からお客さんを見ると、もう何十年も前から顔を知っている熱心なファンもいるし、親に連れられてきた若い子もいる。新旧世代の会場で、新旧世代のファンのためにプレイ出来るのは楽しいよ。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事