ロック史に残るMVの金字塔、エアロスミス黄金期の「アリシア三部作」を振り返る

アリシア・シルヴァーストーン、1993年の写真 (Photo by Barry King/WireImage)

エアロスミスの93年作『ゲット・ア・グリップ』に収録されたバラード「クライン」「アメイジング」「クレイジー」のミュージックビデオは、アリシア・シルヴァーストーンが主演を務めたことから「アリシア三部作」と呼ばれており、現在もファンの間で語り草となっている。当時から25年が経過した今、このトリロジーを改めて振り返ってみたい。

25年前の今週、アリシア・シルヴァーストーンが主演を務め、ロック史に名を残したエアロスミスのミュージックビデオ三部作の第1弾が公開された(編注:この記事がRSのUS版にアップされたのは6月20日)。後に映画『クルーレス』で大ブレイクを果たす彼女は、「クライン」「アメイジング」「クレイジー」の3作で10代のヒロイン役を務めた。1993年の夏に「クライン」がMTVで流れるようになると、橋の上からバンジージャンプをし、物盗りの男を路上で打ちのめす勝気な少女を演じた彼女は、瞬く間にロック界のミューズとなった。

続く「アメイジング」と「クレイジー」にも出演したアリシアはエアロスミスにとって、(ミケランジェロ・)アントニオーニにとってのモニカ・ヴィッティ、あるいはセルジオ・レオーネにとってのクリント・イーストウッドというべき存在となった。この物語における彼女は、(『ロード・オブ・ザ・リング』の)フロドとガンダルフを彷彿とさせる。仰々しくも壮大なこの三部作にはリヴ・タイラー、ジェイソン・ロンドン、スティーヴン・ドーフ、そしてもちろんエアロスミスのメンバーたちも登場する。しかしこの三部作の主役がアリシアであることは誰の目にも明らかであり、彼女はあるジャンルを象徴する存在となった。

この三部作に匹敵するものがあるとすれば、ZZトップの『イリミネーター』トリロジーだろう。だが秀逸な「レッグス」に比べ、「シャープ・ドレスト・マン」「ギミ・オール・ユア・ラヴィン」が見劣りする感は否めない。一方で「クライン」「クレイジー」「アメイジング」は基本的に同じ曲であり、タイトルさえも似通っている(大声で早く発音してみるといい)。それでもなお、マーティー・カルナーが監督を務めたこのアリシア・トリロジーは、ロックにおけるミュージックビデオ史に燦然と輝く金字塔となった。

Translated by Masaaki Yoshida

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事