エレファントカシマシ宮本浩次「4人で報われる…そう思える時期がようやく来た」

エレファントカシマシの宮本浩次(Photo by Motoki Adachi)

今春まで怒涛の30周年イヤーを過ごし、31年目のスタートとしてニューアルバム『Wake Up』を6月にリリースしたエレファントカシマシ。現在、Zeppを中心としたLIVE HOUSE TOUR「エレファントカシマシ TOUR 2018 "WAKE UP!!”」を敢行している彼らだが、その怒涛の30周年イヤーとニューアルバム『Wake Up』について宮本浩次に聞いた。

―アルバムの話の前に、30周年イヤーを振り返らせてください。怒濤の30周年イヤーだったと思いますが、紅白歌合戦の初出場は、バンドにとっても特別な出来事だったと思いますし、ヴォーカリストとしてああした晴れの舞台で歌ったことはかなり貴重な経験になったのではないですか?

宮本:紅白歌合戦もちろん最高でした。今でも出られて本当に良かったなって思っていますし、しかもバンド30周年のタイミングで紅白歌合戦の舞台で「今宵の月のように」という俺たちの代表曲を高らかに歌い上げることができたのは、歌手冥利に尽きます。でも、それだけじゃなくて、個人的にもなんだかとっても感慨深かったんです。NHKって、僕の中で結構馴染みがあって。僕は小学生の頃、NHK東京児童合唱団に入っていて、夏休みなんか冷房のない満員の赤羽線と山手線乗り継いで毎日NHKに通っていたんです。小学校2年から5年くらいまで。発表会があるから夏休みの間は毎日通い、しかも8時間くらい練習するわけです。だからNHK放送センターにしょっちゅう行ってた印象があるし、NHKの食堂で合唱団の仲間とラーメンを食べたりしてたなぁ。あと、子供だから広いNHKの中を勝手に探検してましたね。今より厳しくなかったので。

―昭和ってそういう時代でしたよね。

宮本:そうなんです。あと、今回のアルバムに収録されている「風と共に」は、NHKの『みんなのうた』に選ばれたわけだけど、『みんなのうた』で初めて歌ったのは合唱団に居た時で、今から40年ぐらい前の「はじめての僕デス」っていう曲なんです。その曲は僕のソロだったんですが、実はそれ以外でもいろんな歌の後ろで合唱団の一員として歌っていたんです。そういえば……死んだお袋が昔『あんたいつか絶対あたしに感謝するわよ』って言っていたなぁ。俺は当時『合唱団なんかやってらんねぇよ』って感じで。ピアノとか合唱とか男の子がやっているのってダサいって思っていたんです。

―なんとなくわかります。

宮本:でも実際は、学校の思い出より、音楽の思い出のほうが多い人生だったわけです。高校の時は修学旅行に行かないでバンドの練習をしていたし、小学校の林間学校も行かないでNHK合唱団の合宿に行ってたんです。だから、紅白はバンドの晴れ舞台なんだけど、個人的な思い入れの場所で“お袋観てるかい?”ぐらいの感じもありましたし、自分の人生の集大成のような感じでしたね。もちろん本番中は意識してなかったですけどね。なにしろ「今宵の月のように」をとちっちゃやばいですから。生放送なので(笑)。

―(笑)。紅白に出たことで宮本さんの音楽人生がひとつ報われた感じだと?

宮本:そうですね。今まで報われてなかったわけじゃないけど、30周年の全国ツアーと紅白歌合戦の二本立てで何かが報われた感じがしています。で、ギターの石ちゃん(石森敏行)に今でも言いますもん。「ほんと紅白歌合戦出られて良かった」って。石ちゃんも出てるんですけどね(笑)。

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事