エルヴィス・プレスリーの伝説的なテレビ番組が50周年記念で特別上映

(Photo by: Frank Carroll/Gary Null/NBC/NBCU Photo Bank via Getty Images)

この夏、番組50周年記念でエルヴィス・プレスリーの伝説的なテレビ番組『68カムバック・スペシャル』が、プレスリーの命日から全米の映画館で特別上映される。ABGエンターテイメントの副社長は世界中の観客に届けることを楽しみにしている」と述べた。

エルヴィス・プレスリーの伝説的な『エルヴィス』というよりも『68カムバック・スペシャル』と言った方が名前が知られているテレビ番組が、この夏全米の映画館で番組の50周年を記念して上映される。プレスリーの命日8月16日とその後8月20日に予定されている。

エルヴィス・プレスリー・エンタープライズを所有しているオーセンティック・ブランズ・グループはマリリン・モンローやシャキール・オニールを始めとするブランドマネジメントをしており、ファントム・イベンツと共同で上映を手配している。まだ上映時間については知らせていない。

「エルヴィスをスクリーンで見ることは、最も記憶に残り、影響力のあるブランド体験の一つであり、今回の特別なイベントを世界中の観客に届けることを楽しみにしている。」とABGエンターテイメントの副社長マーク・ローゼンが声明の中で話した。

「ABGはブランドスペースにおけるグローバル・リーダーとして認知されている。没入型ブランド体験をクリエイトするという彼らの使命と、ファントムが特化している観客にエクスクルーシブでインタラクティブかつ記憶に残る映画イベントを提供することは完全に一致している。 」とファントム・イベンツのCEOレイ・ナットは語る。「私たちは、エルヴィスのファンのための貴重なコンサート体験を始めとする世界中の映画観客に多くのエキサイティングなプロジェクトを一緒に行なっていくことを楽しみにしている。」

プレスリーのカムバック・スペシャルは彼がレコーディングやライブパフォーマンスよりも映画出演を行なっていた頃に放送されていた。番組は、彼が滑らかな黒革のジャンプスーツに身を包み、ファンが覚えている口を歪めた彼の表情のフッテージから始まり、そして自由な「座り込み」セットで彼が初期のヒット曲を50年代のバックバンドと共に演奏する。

「エルヴィスが緊張することはあまりはなかったが、当時彼は緊張していたんだ」と去年ドラマーのD・J・フォンタナは 番組に関してローリングストーン誌に話した。

「何曲か演奏して、少し温まってきた後は大丈夫だ。彼は長い間世間の目から離れていたから。」

Translated by Ikuko Nishikawa

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事