BRAHMAN TOSHI-LOWが語るファッションと音楽の変遷

Rolling Stone Japan vol.02掲載/STYLE|TOSHI-LOW(Photo = cherry chill will. Styling = Masahiro Ogura  Hair & Make-up = Mikiko Kimura)


ー最初にファッション雑誌にモデルで出たのは『Fine』?

当たり前じゃないですか(笑)。スゲエ短い短パンを履いて出た気がする(笑)。あの当時のバンド、みんな『Fine』デビューじゃないですか。

ーそうかもしれない(笑)。

『Fine』に出れたのがうれしかったんですよ。いとこがプロサーファーなんで、『Fine』が身近にある雑誌だったんです。

ーあの辺りから、バンドとファッションがクロスオーバーする波が来ましたよね。

来ましたね。そこからやっぱりDEVILOCKからじゃないですか。俺は恵比寿で弁当屋のバイトしてたので、みんなに弁当運んで、Tシャツをもらえたりしたんです。すごく覚えているのは、MACKDADDYが事務所を開いた頃に、アウターをくれたんですよね。あれは本当にうれしかったですね。

ー当時短パンを履いてたところから、黒を着る今のスタイルに変わっていった流れは?

流行が分かんないですよ。好きなものだけ着ようと思ってたら、黒しかなくなっちゃったんです(笑)。気づいたら全部黒。でも黒って廃らないじゃないですか。だからいいかなと思って。そしたら周りのメンバーとかもみんな黒になってきて。

ー今、自分が服を選ぶポイントっていうのは?

この前子どもの七五三があって。トム・フォードのシャツとネクタイを買ったんですね。俺、高いものを作ってるところは、消費者を騙すいけないヤツらっていうイメージがあったんですけど、そうじゃなかった。高くても良いものは良いんだなあって納得しました(笑)。だから、ただ単に実用的に着るだけじゃなくて、少し服を楽しむのもいいのかなって思い始めて。今日も撮影でいろいろ着せてもらったから、あの当時の「あれ、俺似合うかな? でもどうしようかな?」っていうワクワクがよみがえりましたね。ちょっと冒険してもいいかなって思いました。

ー黒以外を着てみようとか。

最終的に半ズボンに戻るかもしれないですけど(笑)。自分には大した洋服のセンスがないので、あの当時、周りがそうやって着せてくれたし、持ち上げてもらったところもあって。でも、服うんぬんよりも、自分が服の中身としてそれを受けられる人間になりたいって、途中から思い始めて。外見じゃなくて中身に行きたくなったというか。服に着られるんじゃなくて、この服が似合う男になりたいというか。でも、20代から30代前半にかけてのファッションと音楽のカルチャーの連動の時代を知っているので、ワクワクしますよね。



(Photo = cherry chill will.  Styling = Masahiro Ogura  Hair & Make-up = Mikiko Kimura)

ー当時、自分でブランドをやろうとは思わなかったんですか?

一瞬やったんですよ。REVOLVERの中で「suiseeda」というブランドを。あの当時、スポーツ・ブランドみたいなのがなくて。裏原宿だけどジャージとかあったら面白くね?とか言って作ってたんですよ。

ー今仲良くしているブランドは?

VIRGOですね。

ーSÏVAのファッション・ショーにも出演しましたよね。

しましたね。SÏVAは洋服が面白いし、アイデアもスゴいですよね。毎回見てても面白いし。

Photo = cherry chill will. Styling = Masahiro Ogura  Hair & Make-up = Mikiko Kimura

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE