モーガン・フリーマンに対し性的不品行容疑で8人の女性が告訴

8人の女性から性的不品行で訴えれたモーガン・フリーマン(Photo by Jim Spellman/WireImage)

8人の女性がオスカー受賞俳優であるモーガン・フリーマンを性的不品行で訴えた。新たな報道によりフリーマンには、不適切な発言や女性たちが望まないスキンシップという長期に渡る悪癖があったとされる。

モーガン・フリーマンが8人の女性にセクシャル・ハラスメントで訴えられた。米CNNが新たに発表したレポートでは、フリーマンの不適切な発言と望まないスキンシップのパターンが詳しく紹介されている。このCNNレポートの放送作家の一人クロエ・メラスは、オスカー受賞俳優のフリーマンのインタビューを撮影中に、共演者たちの前にもかかわらずメラスに対して好色な発言をしたと訴えた。CNNの取材に対し、多くの男性・女性関係者がフリーマンのパターン化された不適切な行為の信憑性を裏付けている。

20代の制作アシスタントは2015年の映画『ジーサンズ はじめての強盗』の撮影中に、現在80歳になるフリーマンと何ヶ月も一緒に現場で仕事をしたのだが、彼女に対して不愉快な発言やスキンシップを繰り返したと言う。彼女曰く、フリーマンは彼女の体型にあれこれ意見を述べ、腰に手を回したり、さすったりした。そして「私が下着をつけているかをたずねながら」何度もスカートをめくろうとしたと、彼女はCNNに語った。当時、共演者のアラン・アーキンがフリーマンにやめるよう促したと言われている。

また、映画『グランド・イリュージョン』のベテラン制作スタッフの一人は、フリーマンが彼女と彼女の同僚の体型を観察して感想を述べながら攻撃したと訴えた。「彼が近づいてきたら、胸の形が見える服装はダメ、腰のラインが見える服装はダメ、つまり身体にフィットした服装はダメと女性スタッフはみんな思っていた」と、彼女が語った。

フリーマンはロリ・マクリアリーの外見についても意見を言ったことがある。マクリアリーはフリーマンの制作会社レヴェレーションズ・エンターテインメントの共同創業者にもかかわらず、マクリアリーが組合長を務めている全米製作者組合の会議で400人の製作者の面前でその発言をした。フリーマンは出席者に向かって「彼女は真面目な人と思われたいようだが、あの短いドレスは目の毒だね」と言ったのである。この発言の真偽を確認したTodayに対し、フリーマンは何が問題なんだといった表情で肩をすくめて、「これは彼女に初めて会ったときに冗談で言ったことだ。もう20年も前の話なのに、どうして今更持ち出すんだ?」と述べた。

CNNの放送作家メラスは、妊娠6ヶ月でフリーマンの取材をしたときのことも語った。彼はカメラの前で繰り返し「その中に入りたいよ。君は完熟だね」と彼女に言ったらしい。フリーマンと共演した俳優アラン・アーキンとマイケル・ケインもそのときに同席していた。メラスがこの件を上司に相談したところ、人事局の責任者に相談すべきだと助言されたと言う。そして、その責任者が、件の取材を仕切った米ワーナー・ブラザーズの人事局に連絡したが、フリーマンの発言の一部しか録音されていないため、彼らにはその訴えを裏付けすることがでないという返事だった。結局、メラスはこの映画の記事をお蔵入りさせた。彼女と似たような状況で似たようなハラスメントを受けたエンタメ記者は他にも2人いる。

Translated by Miki Nakayama

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事