プリンスのクラウドギターに2500万円、入札合戦となったオークションに潜入

トレードマークのクラウド ギターを手にするプリンス(Photo by Michael Ochs Archives/Getty Images )

米国現地時間5月18日、楽器、衣装、ラスベリーベレーなど、プリンスの所有物がジュリアンズ・オークションに集結。「ミュージック・アイコン:プリンスの人生とキャリアの全て(Music Icons: Property From the Life and Career of Prince)」で競売にかけられた。

会場となったのはニューヨークのハード・ロック・カフェ。映画『パープル・レイン』の小道具のひとつ、マルディグラ風の陶器の人形の推定落札価格は2000~4000ドル。だが、入札合戦はすぐに激戦の様相を帯びた。

「世界にまたとないお品物です」と、競売人のダニエル・クルーズ氏。「見逃す手はありませんよ」。 赤いカーテンをひいた舞台に腰掛けた彼の両側にはモニターが置かれ、周りにはロック界のお宝の数々。観客はそれほど多くない。両サイドに個人入札者やオンライン入札の代理人の群れ。後ろの席では、タイムズ・スクエアの観光客がモッツァレラチーズフライをつまみながら、事の成り行きを見守っていた。

件の人形の入札額は、早くも5000ドルから6000ドルにせりあがった。「他にお声は?」と競売人が会場を煽る。1万ドル。「お遊びはここまで。さあ、本気を見せてください」。すると1万2500ドルの声が上がり、数十名ほどの入札組はもちろん、ハードコアなプリンスファンのテーブルからも拍手が起きた。もはや星型の入札パドルを挙げる人はいない。クルーズ氏は木槌を打ち、入札者を称えた。落札価格は1万2500ドル(約140万円)。「素晴らしいお買い物でしたね」。

このような光景が何度も繰り返された。プリンスの元妻、マイテ・ガルシアのコレクションから出品された紫色のジャンプスーツのステージ衣装(推定落札価格6000~8000ドル)は、2万7500ドル(約305万円)で落札され、またもや拍手。1996年にプリンスが着用していたダークパープルのチュニックも、2万5000ドル(約277万円)で落札。会場にはごく限られた出品アイテムのみが展示されていたが、そのうちの一つ、クルーズ氏の右手に鎮座していたシェクター製の純白のクラウド ギターが3万ドル(約330万円)で落札されると、会場はまるでプリンスが歌い終わったかのように、大喝采を送った。

今回のオークションでもっとも話題となったのが、プリンス特製イエローのクラウド ギター。6~8万ドルという推定価格をはるかに超える、22万5000ドル(約2500万円)で落札された。1999年にプリンスがMTVビデオ・ミュージック・アウォードで着用していたステージ衣装にもあっという間に6桁の値がつき、最終的に10万8000ドル(約1200万円)で落札。推定価格は3万ドルだった。

オークションの勢いはさらに加速し、クルーズ氏は出品カタログに掲載されている158アイテムを次々と捌いていった(カタログ掲載アイテムのうち、プリンスが協力したデール・ボジオの未公開デモテープや、レコードリールなどいくつかは、直前になって出品が見送られた)。ラブシンボルのピンバッジがついたラズベリーベレーは1750ドル(約20万円)。『サイン・オブ・ザ・タイムズ』のプラチナレコードは1780ドル(推定価格は800~1200ドル)。批評家からはコキ落とされた映画『アンダー・ザ・チェリー・ムーン』のプリンスの衣装が、推定価格の2倍にあたる4万ドル(約443万円)で落札されると、会場からは驚きの声と喝采が沸き上がった。

「時計を見ているそこのあなた」と、会場に向かってクルーズ氏が一言。「さあ、いまがお買い時ですよ」

Translated by Akiko Kato

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE