来日控えるザ・クリブスが選ぶ、パンク精神を強く感じる10曲

ジャパンツアーを実施するザ・クリブス

ジャーマン3兄弟からなるUKのロックバンド、ザ・クリブスのジャパンツアーが、5月17日(木)に京都・CLUB METRO、 5月18日(金)に東京・代官山Unitで開催される。そこで今回は、彼らが選んだ「パンク精神を強く感じる10曲」をコメント付きで紹介。さらに記事の後半では、ゲイリー(Ba,Vo)とロス(Dr)が答えたメールインタビューもお届けする。

1:Mayhem/Deathcrush
ブラックメタルだけど、この曲を聴けばパンクじゃないとは言えないはずだよ。

2:The Moldy Peaches/NYCs Like a Graveyard
正真正銘のパンクだけど、君のおじいちゃんが聴くようなもではないよね。

3:Nirvana/Even in his Youth
キッズだったときにこの曲を聴いて、ユースクラブで大騒ぎしたもんだよ。酔っぱらってハイになってね。いい時代だった。

4:Unwound /Mile Me Deaf
正直なところ、(アンワウンドを輩出した)タムウォーターの小さな町はそこらより断然ロックしてるね。

5:The Real Losers/Gotta One Track Mind
リーズが生んだ中で最も偉大なバンド。とてつもなく反骨心があって、そこらのローファイバンドだってセルアウトしてるみたいに感じさせてくれるよ。物凄くエッジーなんだ。普通のバンドがどれだけ頑張ってもできないことを、彼らはさらっとやってのけてるんだよね。

6:Jeffrey Lewis/The East River
ジェフはパンクロックにおいて大切なことを、使い古されたような表現ではなく、新しい言葉で全て教えてくれるような存在。彼は怖いくらいに正直で、社会問題にも敏感だし、自己嫌悪もしている。でもなんといっても、いつだってリアルなんだよ。

7:City Yelps/Light and Classical
お気に入りの新しいバンド。ヨークシャーのDIYシーンにおけるスーパーグループなんだ。ノイジーだけどメロディアス、雑多だけど完璧にまとまってる。そして醜いのに美しい。矛盾の塊なんだけど、それは同時に、ちゃんと意図されたものなんだ。一度聴いたら君も気に入るはずだよ。

8:Huggy Bear/Concrete Life
ハギー・ベアは典型的なパンクバンド。ルール無用、規則もなし。彼らはブリットポップが生んだオールドボーイズクラブのことを怖がらせたんだよ。全員集まっても敵わないくらい、ラディカルでクリエイティブだからね。



9:Baltimora/Tarzan Boy
過去最高のパンクロック・コーラス。

10:Dugong/Keeper When Needed
メロディックなパンクバンド。


タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事