メタリカのカーク・ハメットがナップスター騒動を回想「俺たちはリスクを取って正しいことをした」

2000年に起こしたナップスター訴訟や音楽業界について語ったメタリカのギタリスト、カーク・ハメット(Photo by Kevin Mazur/Getty Images for Global Citizen)

メタリカのギタリスト、カーク・ハメットは最新インタビューの中で、メタル・アイコンであるバンドがナップスターを相手取り2000年に起こした訴訟について、「それでも俺たちが正しい」と主張する理由を語った。「音楽業界の実情をよく見るがいい。そうすれば現在の状況全体が見えてくる」

メタリカは2000年、ファイル共有サービスの先駆けで何かと議論を醸したナップスターに対する訴訟を起こした。ニュー・ミレニアムへ向けて方向性を見失いつつあった音楽業界を象徴する出来事だった。このメタル・バンドが法的行動を起こしたことに非難の声を上げるファンもいる中で、リード・ギタリストのカーク・ハメットは、自分たちは正しいチョイスをしたと主張する。

「ナップスターにまつわるすべての事柄は、俺たちに何のメリットももたらさなかった。ナップスター訴訟に関しては、 “メタリカは間違っている”と誰に言われようが、俺たちが正しい」とハメットは、スウェーデンのテレビ番組『Nyhetsmorgon』のインタビューで語っている。「音楽業界の実情をよく見るがいい。そうすれば現在の状況全体が見えてくる」

ハメットによるこのコメントは、メタリカとして初めてメジャー・ストリーミング・サービスを通じてリリースされた、10作目のアルバム『ハードワイアード…トゥ・セルフディストラクト』(2016年)についての質問に答えたものだった。彼はストリーミングという最新テクノロジーを、有効なプロモーション・ツールとして認めている。しかし同時に、アナログ音源をデジタル化する過程で音質が落ちることを残念に思っている。

「かつて、ストリーミング音楽の音質が良いとは言えない酷い時期があった。“ビット”がどうのという、最近のストリーミングについてのウンチクに俺は興味がない」とハメットは言う。「アナログ盤より良いサウンドになるなんてあり得ない。とはいえ、俺たちは身近な存在でありたいし、あらゆる最新技術でアクセスできる状態にしておく必要もある」

ポスト・ナップスター時代に入り、アルバム・セールスが急落し続けている。著作権侵害に対する警告を発したメタリカの主張が裏付けられる形となった。それでも、ナップスターを通じて彼らの楽曲を共有した33万5000以上のユーザーをバンド側が特定し、ナップスター側へ公表したことを批判しているファンもいる。

ハメットは、バンドによる厳しいアプローチに自信を持ってきた。さらに、他のアーティストにも論争に加わって欲しいと願っている。「もしも後悔することがあるとすれば、それは俺たちがナップスターと争っている時期に、他のアーティストが俺たちを支持してくれなかったことを残念に思っている」と2016年に、ザ・ワールド・オブ・ホイーラー(ポッドキャスト)で語っている。「後悔と言っていいのか分からないが、かなり失望したね。俺たちの主張に賛同してくれたミュージシャンたちも、自分たちになるべく害のない方法でしか俺たちを支持してくれなかったことが残念だ」

「俺たちはリスクを取った。最終的には、俺たちのやってきたことにはそれだけの価値があり、正しいことだったと言いたい」と彼は付け加えた。

Translated by Smokva Tokyo

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事