モーゼス・サムニーの初来日公演、6月に東京・キリスト品川教会グローリアチャペルで開催

東京・キリスト品川教会グローリアチャペルでの初来日公演が決定したモーゼス・サムニー

昨年9月に『アロマンティシズム』でデビューを飾った米カリフォルニア出身のシンガー・ソングライター、モーゼス・サムニーの初来日公演が決定。東京・キリスト品川教会グローリアチャペルにて一夜限りの開催となる。

ソランジュ、ジェイムス・ブレイク、スフィアン・スティーヴンスといったアーティストらが惚れ込み、楽譜のみでリリースされたベックのアルバム『ソング・リーダー』(2014年)にも参加、今年3月には第90回アカデミー賞授賞式で映画『君の名前で僕を呼んで』の主題歌「Mystery of Love」をスフィアンやセイント・ヴィンセントらと共に披露するなど、その歌声と音楽性に高い注目が集まっているモーゼス・サムニー。

USインディーの名門<Jagjaguwar>からリリースしたデビュー・アルバム『アロマンティシズム』はここ日本でも話題を呼んだが、早くも決定した初来日公演は、6月15日、東京・キリスト品川教会グローリアチャペルにて行われる。なお、当日はモーゼス本人のみがステージに立つスペシャルなソロ・セットを予定しているという。

チケットはticket board、および各プレイガイドにて発売中。

<来日公演情報>



Hostess Club Presents…
Moses Sumney

日時:2018年6月15日(金) Open 18:00 / Start 19:00
会場:東京・キリスト品川教会 グローリアチャペル
料金:¥4,900
主催・制作・招聘:イーノス
協力:ホステス・エンタテインメント
http://ynos.tv/hostessclub/schedule/20180615.html

Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事