「コーチェラ2018」フォトライブレポ:ビヨンセ、ミーゴス、X JAPANまで

コーチェラ・フェスティバルが今年も南カリフォルニアのインディオで開催された。


ザ・ウィークエンド

Koury Angelo for Rolling Stone

今から5年前の時点では、エイベル・テスファイは深い闇と謎に覆われた存在だった。しかし金曜の夜にステージに立った彼は、正真正銘のポップスターとして数々のヒットを惜しげもなく披露し、何度もオーディエンスに語りかけながら、氷のように冷たいR&Bでフィールドをダークに染め上げた。『キャント・フィール・マイ・フェイス』や『アーンド・イット』等の代表曲でオーディエンスを湧かせつつも、テスファイの音楽に潜むエモーショナルな核が消失することは決してない。初期のミックステープの作風を思わせる、熱病に浮かされたような恋愛感情を歌った『コール・アウト・マイ・ネーム』(最新作『マイ・ディアー・メランコリー、』に収録)のライブバージョンでは、サウンドをそぎ落とすことでその孤独な魂をさらけ出してみせた。

カーディ・B

Koury Angelo for Rolling Stone

土曜の午後、ブロンクス出身のカーディ・Bはコーチェラのメインステージに初めて立った。純白のステージ衣装と三つ編みにしたヘアスタイルで登場した彼女は、バックでお揃いのサングラスをかけたストリッパーたちが見事なポールダンスを披露する中、元TLCのリサ・「レフト・アイ」・ロペスを彷彿とさせるパフォーマンスを披露してみせた。そのステージには、G・イージーやチャンス・ザ・ラッパー、21サヴェージ、ケラーニ、YG等の豪華ゲストも登場した。YGと共演した『シー・バッド』では、胸の谷間や膨らんだお腹をひけらかし、大胆なトゥワークを披露したカーディに、集まったファンは狂喜乱舞した。「そして私は妊娠したってわけ!」彼女はそう笑い飛ばした。「いとも簡単にね」

ミーゴス

Koury Angelo for Rolling Stone

日曜の夜に登場したアトランタの3人組のセットは、冒頭から機材トラブルに見舞われてしまい、テンションの上がりきらない様子のメンバーたちは、散歩に出かけるかのような足取りでステージに登場した。それでもオフセット、クエヴォ、テイクオフの3人は、オーディエンスにサークルピットを作らせたり、『バッド・アンド・ブージー』に登場する「raindrops/drop top」のラインをはじめ、数々のコール・アンド・レスポンスでフロアを盛り上げるなど、騒ぎ足りない様子のファンたちのエネルギーを発散させてみせた。当日披露された『モータースポート』で、ビーフが取り沙汰されたニッキー・ミナージュとカーディ・Bの共演が実現していれば、今年のコーチェラにおける一番のハイライトとなっていたかもしれないが、すぐ近くにいながらステージに登場しなかったカーディのパートはバックトラックとして流され、ミナージュのラインは完全にカットされていた。2人のステージ上での復縁に対する期待は、来週末に持ち越しとなった。

Hardeep Phull, Steve Appleford / Translated by Masaaki Yoshida

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE